ニジハタ釣れました



午後の干潮に合わせて、リハビリ?がてらにちょっとだけ近所の磯へ。

実は一昨日GTを釣った時に、釣り座近くに弓角用のネズミを2つ忘れてきたようで、その回収がてらちょっとだけ。
普段は忘れ物はほとんどしないのだが、あの時はさすがに少し浮足立っていたもんなあ・・・。
ネズミは、古いジグを改造したS(底)用は残っていたが、案の定F(浮)は流されてしまっていた、この2日間はそんなに波は無かったはずだが、さすがに満潮時には多少波が来たらしい。

さて、ちょっとまず遠目に投げてみるが、ジグの着水と同時にダツがピョーンw
引いてみるとゴツンゴツンと何度もアタリがあるが、幸運にも掛からないw

投げる方向を変えてみると、着水と同時に5~6匹がバピョーンwww
しかも左方向で数十匹が跳ねながら浦崎の方へ向かっていく。
もうそこら中ダツだらけのようである。

オボソ(スマ)を狙う気も失せ、足元の深みを攻めてみると、数投目に微かなアタリ。

ニジハタ 微妙になにか掛かったようだが軽過ぎてよくわからない、とりあえず巻き上げてみるとかわいいニジハタだった、よく食いついたものだ。
リリースして続けると、リーダーとの結束から10メートル位のところで、PEにかなり深い根ズレの痕があるのに気付いた。
一昨日の取り込み時だろう、リーダーを替える時に7~8メートル位はチェックしたのだが、足りなかったか。

今からリーダーを結び直すのも面倒だし、あーもういいやで早々に撤収。
我ながらちょっと気が抜けているなあ。


そうそう、GT、食べてみたらメチャ旨ですぜ、どうやら時期が良かったっぽい、本来屋久島では夏の魚でしょアレって。
背側の刺身は適度に脂が乗っていてカンパチ並だし、腹側は更に脂が乗っているので焼き・酒蒸しで最高、腹皮のトロ部分は炙りでもグー。
シャブシャブや酒蒸しの後の雑炊も、いい出汁と脂が出ていて非常に旨い、魚に口が肥えているヨメチビ共にも大好評!

唯一の問題は、物理的に食い切れるかどうか。
今朝、知人に少しお裾分けしたが、まだ先は長そうだ。

前の釣行

ロウニンアジ釣れましたっさー!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング