イカ☆ヒャッハー!



今日もヨメさんを連れて栗生へ。

ここ数日、長女が学校の職場体験?とやらで、栗生へ通っているのだが、風邪をひいたのか朝少し体調が悪く、10時に遅れて送って行き、その帰りに山下商店でなぜかチャーハンと蒟蒻ゼリーを買いw、海水浴場横の埠頭へ。

程良い好天に、暑くならない程度の程よい南風の下、ご機嫌でチャーハンを食べ始めるヨメさんを置いて左側の堤防へ駆け上ると・・・お、いいサイズのイカがいるじゃなイカ!

速攻でシャロー2.5号のエギを付けて投げてみるが、横風でラインが流され沈んでいかず、イカは寄って来たもののUターン!
すぐに3.5号に替えてキャストすると、やはり風に流されるものの今度は何とか沈む、おーし来た来た、ちょいとシャクって・・・はい抱いた!フッキングー

ヨメさんを呼んで車から網を持って来させるが、潮位が低くて微妙に届かず、少し低い場所まで回航していって無事GET、ヒャッハー!
600グラムくらいだと思うが、開始早々これが釣れれば上々である。

その後すぐに300グラムあるかないかのを1匹追加、食べるならこのくらいが一番旨いサイズだよなー。
ヨメさんが快適そうにのんびりしているので、エソ釣って泳がせしてみるかー、と、風下で投げやすい海水浴場側へ行ってみる・・・と、おお、イカの群れェ!
300グラムくらいのが5~6匹いる、実績多数過ぎる無慈悲な2号のブルーのエギを放り込むと一斉に寄って来た、よーし・・・ん?

海面がさざ波立っていてはっきりは見えないが、少し向こうの底の方に、どうやらデカいのが3匹ほどいるようだ・・・よし。
掛かる前にエギを一旦回収、コイツらは釣ろうと思えばすぐに釣れるだろうし、その前にダメ元でデカい方を狙ってみるべし!

そのまま2号のエギを、恐らく一番デカいであろうイカの方へキャストする、と・・・おおマジか、寄って来た、だと・・・?
斜め後方からの風を受ける感じになったため少しラインがたわむ・・・が、一瞬ラインに違和感、おっしゃ抱いたっぽい!フッキングー

ズシン!

おっしゃ掛かった、マジかよヒャッハー!

・・・って、あれ、思ったより重いぞなもしw

焦らず慎重に寄せてみると、どうやら1キロくらいありそうである、なんてこったいww
ヨメさんに網を持って来させるが、なかなか届かない・・・さっきより潮位は上がって来ているはずなのだが、重いので水面までなかなか上がって来ない上、掬える深さまで持ち上げたら身切れするかも知れん、なんせエギが小さいのでカンナもチャチいのだ。
ってことで作戦変更、砂浜が近いので、そっちへ回り込んでずり上げるべし!

アオリイカ ドラグを少し緩めつつテンションを維持し、ラインを張ったまま浜へ移動して慎重に寄せて、最後はヨメさんにタモで尻をフォローさせつつ、波に合わせて確保に成功、ヒャッハー!
ってことで、屋久島では珍しいサーフでのランディングの図となった。

なんかヨメさん、キャーキャー言いながら楽しんでいた&無事GETできて大喜び・・・オマエは子供かw

ヨメさんと相談の結果、デカい方は先日ちょいと頼みごとをしたN父の所へ持って行くことに。5人所帯なので丁度よかろう。
そして最初に釣った600グラムくらいの方は、先日オボソ(スマ)をもらったKさんへ、となった。

実は肘を痛めて以降イカばかり釣ってたので、イカはかなりストックがあるんだよな、今日も300グラムくらいのが1匹加わるし。
ってことで、撤収→配達!

なおデカい方のイカは、車に積みっ放しにしていたスケールが電池切れだったので、N父宅で量ってもらったら、キッチンスケールが1000gまでで、木の薄板を載せて量ると重量オーバーでエラーw
ビニール袋まま載せると、今度は横にはみ出して両端が下についてしまうわで、微妙に計測不能w
まあ横にはみ出した状態でも920~930と出ていたので、1キロ以上はあっただろうと。

前の釣行

魚はさっぱりイカばっかり
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング