絶不調(主に体調が)



いやはや、かなり長期間放置してましたねすいません。

例の肘がまだ痛いのと、やはり痛めていた右の踵(たぶん骨にヒビ)も少し痛むのに加え、根本的に天気が悪かったため、たまに晴れるとここぞとばかりにヨメさんに付き合わされるわで、なかなか釣りができずでしてね・・・。
挙句にチビ共が春休みに入ってそっち方面でも時間が取られ、そしてここ数日は急逝副鼻腔炎でウッウーでさ・・・。

とまあ、ここしばらくは満足に釣りに行けず、行ったとしてもせいぜい1時間程度、しかも場所も時間帯もなかなか選べないってな感じだったので、ふてくされていたのさ!

ホウセキキントキ 釣ったものとしては、えーと湯泊港でヘイケ(キントキダイ系)を何匹か釣った。

近所の磯ではデカダツ&オジサン。
ダツはかなりデカくてまあ面白かったには面白かった、案の上リーダーが傷だらけで凹んだ。

イカはそれなり。
最大は4/4の昼下がり、長女の診察(栗生診療所)帰りに、中間港(河口側)の内側で釣った500グラムくらいのやつ。
4/7に、栗生・塚崎にチビ共を連れて行った時、干潮だったので河口の腐った堤防wに乗って遊んでいたら、30センチくらいのカマスが釣れたので横に来たおっちゃんに進呈、まだ釣れそうだったが弁当タイムで一時中断。
昼飯の後、潮が引いて遠浅になった腐れ堤防内側のシャローで、何かの間違いで旨い魚が入り込んでいないかなーとスウィングウォブラーを投げてみたら、結構デカいダツがヒットorz
例のニューロッドだったが、難無く寄せられることが確認できたので、まあいいか。

そしてチビ共の学校が始まり、送迎の時間制限が生じ、挙句に急逝副鼻腔炎!
そんなこんなで、とにかく今年の春はロクでもねえ!


あと釣りではないが、今日の午後、ヨメチビ共が、湯泊温泉横の「はまゆ」にスイーツwを食べに行くというので連れて行き、その間にイカでも引っ掛けようと思ったら、港内・船溜まり手前に、生きてはいるものの何かに引っ掛かっているらしい、不自然な態勢で場所を動かないウミガメを発見。
えーとどうしよ、夏なら普通に自分で泳いで行くんだがな・・・永田のウミガメ館って閉鎖したって聞いたし、役場は今日は休みだ・・・。

困った挙句、安房警察署に電話して、どーしたもんでしょーかねーと相談すると、関係各所に連絡してくれて、何度かの電話のやり取りの末、程なくしてダイバー&保護の人がやって来て、無事救出。

しかし何かに引っ掛かっていたと思っていたら、どうやら船のスクリューか何かでダメージを受け、上手く泳げず衰弱していたのだと発覚。
本当に弱っていて、船揚げ場のスロープですっかり目を閉じてしまっており、途中で合流していたヨメチビ共も心配していて、特に次女は涙目。

結局このままではまずいということで永田まで運ぶことになり、N父に電話してカメが入る大きさの入れ物を持って来てもらい、保護の人によってカメは永田へと運ばれていった。
なお晩飯の時に、粉ミルクを飲んで状態は安定したと、永田のウミガメ館の人がわざわざ連絡をくれた。(ウミガメ館は先月から再開できたらしい)

ウミガメレスキュー、というか通報したのは2回目だが、前回は放置された漁網に引っ掛かっていて、今回は船のスクリュー。
・・・人間って、迷惑な生き物なんだろうな・・・。

前の釣行

生存報告w
次の記事なんて無い!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング