アカハタ釣れました



今朝もモソモソと8時半頃に起き出してみると、小雨がパラついたり止んだりしているが、南の空は結構明るい。
のんびり朝飯を食べて仕事関係のチェックを済ませると10時、11時半に干潮らしいので、貝採り+釣りに近所の磯へ出掛けてみる。

干潮前なので、少々波があったが久々に先端部まで到達、丸1か月ぶり位だろうか。
早速弓角を投げてみるが反応無し、最近弓角の成績悪いなあ、と思いながらジグに変更するも変わらず、徐々に深めに沈めていくとゴン!
締まりの無い引きはオジサマ、いつもご苦労様ですさようなら。たまにヒゲ剃れよ。

リリース時に、潮が出入りする岩縁のポケット状になったところにデカいタカラガイを発見、波が引いたところで手早くGET。こいつは旨いのだ。
ああ、そういえば今日は貝採りがメインだったんだっけ、まあ潮が引き切るまでもう少し時間があるな、とキャスト再開。

しかしここで結構デカい波がザッパン!
大事は無かったが頭から波飛沫を被ってビビり、屁っ放り腰で先端部から退散し、昨日イカを釣った入り江内側の安全な場所に移動、しばし岩陰を物色して大き目のトコブシを1つGET。
10個位欲しいなはと思うのだが、潮が思った以上に引かないのと、波の陰になるとはいえうねりがあり、居そうな場所はほぼ水面下でダメだこりゃ状態。
好物の巻貝(名前は知らん)を何とか1つGETして、あとはジンガサを2つ引っぺがし、早々に貝採りに見切りを付ける。

何とか魚で帳尻を合わせるべく、入り江の内側にジグをちょい投げし、底を取って足元までを探ると、3投に1匹位の割合でオジサンが釣れてくる・・・どんだけいるんだコイツら。
こういう釣り方はあまりしたことが無かったが、これだけ釣れるなら、その内いい魚も掛かるかもな、と続けていると、ゴツンとひと際強いアタリが。

そんなに大きくはなさそうだが、明らかにオジサンとは違う暴れっぷり、ゴンゴンと力強く下に引き込もうとする、こりゃあハタの類かな。
アカハタ 強引になり過ぎない程度に引き上げると、赤というかオレンジっぽい魚体が見えた、おお、そのオシャレなストライプはアカハタさんじゃないですか、こんなところにおられましたかご馳走様です!
35センチまでは無いな、32~3センチというところだろうか、ともあれ旨い魚をGETである。

その後もう少し続けてみたがオジサマしか釣れず、雨がパラつき始めたので帰宅。
アカハタは晩飯に刺身となり、絶品だった。
若干の貝類は、昨日釣れたアオリイカのゲソ等と一緒に明日のしょっつる鍋になる予定。

それにしても、外海が荒れている時は、ああいう釣り方もいいかも知れん。

前の釣行

アオリイカ3匹釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング