タックルを考え直した



屋久島の春は​天気が悪いものだが、今年は特に悪いような・・・なんだよこの雨&爆風の繰り返しは、ナメとんか。

しょうがないので、毎年この時期に体調を崩すヨメさんをヨシヨシしながら、右肘を養生しつつダラダラしていますよっと。

何とか晴れた5日の火曜日、午前中にヨメさんと魚待へ​行ってみたら、南東の風が強過ぎて竿を出さずにUターン。
そのまま栗生まで行き、小磯でイカを探してみたものの、エギと大差ないチビさんが1匹引っ掛かってきただけ。
30分ほどで諦めて、松竹で昼飯食べて帰った。

次に晴れたのは8日の金曜日。
朝、長女を学校へ送ってそのまま山の瀬へ行き、30分ほどでイカを3匹引っ掛け、2匹落としたorz
やっぱ網持ってかなきゃダメだなー、でもメチャクチャ邪魔なんだよなー、あれ・・・。

一旦家に戻り、ヨメさんを連れて湯泊港へ行ってみるものの強風だったので近場だけを10分ほどイカサーチ、がしかし見当たらず。
そのまま中間港へ行き、30分ほどで3匹引っ掛け、ジグに替えたらオジサンっぽいのが掛かったものの途中で外れた。
以上で終了。

とまあ、軽くテキトーにやっているわけだが、確定申告の用意をしつつ、これからしばらくの釣り方を考えてみたんですよ、うん。
ここしばらくで確認してみたところでは、まず一番痛めているのは、右手薬指の靭帯らしい、中指・人差し指も痛いが、たぶん一番は薬指のそれ。
キャストの瞬間に負担が掛かるので人差し指の方が痛む気がするが、同じ負荷なら薬指の方が痛いことが判った。

そもそもを考えると、10年近く前に庭の草抜きをしていた時に、ちょっとした雑草というか直径2~3センチの若木を、「全力で引っ張れば抜けるじゃんw」と調子に乗って抜きまくっていて、しぶといヤツを握力を全開にしつつフルパワーで引っ張ったら肘がピシっていってさ。
その少し後に、娘をぶら下げながら懸垂をしていて再びピシッと。

その古傷?が、釣りでの過度な負担で痛んでいるわけだが、どうにも完全な回復は難しそうなんだよな、コレ・・・なんせ10年近く掛かっても完治してないんだから。

これまでに試した結果、一番良くない(つまり痛む)のが、引き抵抗の大きいルアーの早巻き&重いオモリ等の遠距離からの回収。
次点が重いルアー・オモリのキャスト。重さと投げる力によっては、一番ダメージが大きそうだ。

上記を避けるとなると、できるのは軽いルアーやリグでのちょい投げしか無いわけで。
そうなると、ジグ他を思いっ切りぶん投げてヒャッハー!というのは、少なくとも当面は自重するしかないわけで、そうなるとタックルを考え直した方がいいかなと。

ぶっちゃけると常々、10ftのMHのロッドとイカ竿(8ft)を両方持って歩くのはウザいと思ってたんだよ、うん。
それが、どうやら当面MHのロッドには出番が無さそうだ、ということになったわけで、しかしイカ竿だけで魚用も兼ねられるのか?となると、まあ無理ですね!となるわけで。

そこでお題ですよ。
「普通にイカ釣りに使えて、ちょい投げで軽いルアーを扱いやすく、いざとなれば4~5キロの回遊魚をも仕留められそうな、7~8ftのロッドを探せ!」

なんせ足元でも掛かるんだよな、そのくらいの魚。
10キロクラスなら諦めもつくけど、よく掛かる60センチ・3~4キロくらいのナンヨウカイワリとかで「MHのロッドだったら確実に獲れてたのにー!」って悔やむの嫌じゃん?

どうせ軽くしか投げないので、キャスティング性能はあまり重視しない、投げるルアーも20グラム程度までだろうし、ご乱心しても1oz(28g)までだ、それ以上は持って歩かんし。

ラインはPEの1.2号くらいを使うものとして、まあとりあえず予算は考えずに探してみたら、おおよそだが、条件に合うロッドは「タイラバロッド」または「ボート用エギングロッド」の、ブランク1本モノに多くありそうだという考えに到った。
ブランク1本モノというのは、グリップとブランクを繋げるだけで、ロッドの中程には継ぎ目が無いということだ、それにより強度が増してロッド全体で引きを吸収できるわけだ。

その気になれば1ozまでのルアーをフルキャストできることを条件に、評判やらスペックやらでざっと絞り込んだ結果、以下が候補に上がった。

1.BREADEN : SWG-BGシリーズ
2.Tulala : Glissando 77
3.Yamaga blanks : SeaWalk Taijigging SWTJ-75ML

まあ他にもあるんだろうが、よく名前を知っているメーカーで、評価の高いものを選んだらこの辺かなーと。
送料も合わせた値段は、ざっとヤマガブランクスが約3万円、他は4万円台。
ふーむ、まあどれもそれなりの値段で評価を集めているので悪くは無さそうだが、イカを考えると「1」かなー、なんせイカ竿だし、餅は餅屋だろ。
それにこのシリーズ、少し前に出たボートエギング用のモデルだが、変態的に感度がいいのにバットパワーがあり、タイラバや根魚向けとしても非常に評価が高いのが面白い。

一番ライトなモデル(BG74swinging)でも中型の青物や7~8キロのマダイは平気なようだし、スズキなら80オーバーでも余裕らしい、それに感度がいいのはエサ釣りでも面白そうだ。
非常に食い込みがいいようだし、これで弾かれずにヒラスズキが掛かれば儲けもんだな、MHだとまず掛からんからな。

よっしゃ、これ買ってみるか!
・・・と思ってはみたものの、軒並み売り切れじゃねーか!

その気になったのに無いとはムカつくので調べていたら、どこぞのブログに楽天の広告で
「Squidwickedgame BG division SWG-BG74swinging 21,546円 税込、送料別」
と出た。

・・・は? 2万?

見ると、なんと3/4・20:00~3/11・01:59までの、楽天の半額セールの対象になっているではないか!
当然ながら、光の速さでポチったさ! ・・・そしたら売り切れになったぞなもしw

おっしゃ、獲ったでヒャッハー!
ってことでNEWロッドを注文したさw

んでは、ちょっとタックルを整理しますかねー。

前の釣行

まあそれなりに遊んでますさ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング