ロクな魚が釣れんですたい



そこそこ忙しかったのと、書いてる時間があれば釣りに行っていたので、​年末をまとめて!
ちなみに日付なんてもう忘れかけておる!

とにかく27日以降、度々湯泊港へ行っていた。

基本的に、回遊魚は全滅。マジでいない。
期間中、ただの一度も青物のアタリもチェイスも何もない。

これは複数回魚突きに潜った人(湯泊の河童・T氏)の裏付けがあり、
「大瀬(湯泊港300メートルくらい沖の岩場)の向こうまでいかないと魚はいない、しかも岸寄りにサメがいる」
とのこと。

なお27日に先端で投げていたら、T氏が温泉の方に向かって戻って来ていて、泳ぎながら何か叫んでいたのでよく聞いてみると
「ずっとサメがついて来る~!」
と・・・おいおいおい、早く帰れってばよ!
あと、頼むからこっちにサメ連れてくんな!w

なおその後で会ったらカンパチを1匹突いていて、その後を2メートル半くらいのサメがしつこくずーっとついて来ていたそうだ。
ちなみに平内魚待も、ほぼ全く人がいない。
何度か行ってみたKさんによると、ナンヨウカイワリを2回掛けたが、2回ともバラしてしまったとのこと。
あとやはりサメがいて、一緒にいた人が魚を掛けたものの、途中でサメにやられてしまったそうで、掛けても無事に上げられる確率は低いらしい。

そんなわけで、南岸この辺りのルアーは非常に厳しい状況ですわ・・・。

ってことで、ゲソ他まで動員しての年末数日の湯泊港での釣果はというと、んー、オジサンは数知れず、たまにカワハギが掛かってくる、と、そんな感じ。
とにかく今年はカワハギが多く、エサ持ちのいいゲソがガリガリと削られて閉口する、ジグにまで1回引っ掛かってきたぞ・・・。

タキベラ それ以外の釣果としては、27日の昼前にそこそこサイズの何かがゲソングにヒットし、浮かせてみたら2キロ近い「タキベラ」だった、ちと悩んだがひとまずキープ。
30センチに1~2センチ足りなかったがアカハタも釣れたので、そいつもヨメさんの酒蒸し用にキープ。
この日はやたらとアタリが多く、1時間半ほどで上記+オジサン他の雑魚とで、ゲソの数(4~5本)の3倍くらいの数の魚が釣れた。

なおタキベラだが、我が家ではベラ類の評価は低いのだが、これは結構旨いと聞いた記憶があったので、ヨメさんと電話で相談の上、試しにキープして帰り際に某所で捌いてもらい、半身を焼霜作りで生姜・ネギ・ポン酢で食べてみたら、かなり旨くてビックリ。歯応えがいいんだわ。
ベラ類は総じて身が柔らかいので、熟成を待たずにその日の内に食べたのも良かったようだ、コイツは今後はお持ち帰りだな!

その後の数日は、毎日オジサン&カワハギ地獄、たまにエソ。orz
まあイカは4~5匹引っ掛けたけど。(もちろんゲソは翌日のエサ)

最終日31日もオジサン地獄、1度だけ手の平サイズのバラフエダイ。
帰り際にヨスジフエダイのやや大きめ・・・といっても元々大きくはならない魚なので30センチも無いのだが、エラを傷つけてしまったのでお持ち帰り。


・・・ということで、とにかく締まらない年末となった。
それにしても、本当に回遊魚が全くいない。
栗生方面の方がまだマシそうなのでそちらに行ければいいんだが、北西の風が強いとどうにもならんし、難しい。

ってことで、良いお年を~!

前の釣行

栗生でのんびり
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング