ギンガメアジとオジサン釣れました



連休であるが、昨日長女が風邪をひいて学校も休んでいたので、回復しつつあるものの、今日は家でのんびりの予定らしい。

がしかし、そこそこいい天気なのに加え、潮はあまり良くはなさそうだが、波はぼちぼち穏やかっぽい。
仕方ないので(何が?)、釣り支度をしつつ、どこへ行こうか考える・・・が、どうも最近、オボソ(スマ)をはじめ、青物の調子が悪い。
巷でもあまり釣れていないようなので、地味に家の近所の磯の隣のゴロタ浜というかゴロタ磯?に行ってみることにする。

場所としては、「バンジョ」と呼ばれる磯のすぐ西隣で、バンジョへ下りる道の途中の分岐を右に下りる・・・私が太いロープを垂らしておいたので、バンジョを知っている人ならすぐにわかるはずw
小磯とゴロタ浜が混じったような、基本浅めの場所なので、全く大物は釣れそうにないのだが、小川の流れ込みが2つほどあり、メッキはいるんじゃないかなーと思っていたので試してみようかと。
もしそこそこ釣れるようなら、貴重な徒歩圏内の遊び場になる。

なお平内の海岸は凄まじい崖が大部分で、下りられる所が非常に限られる上、いざ下りるにも、釣り場まで結構な距離を、それも足場の悪い岩場を行かなければならず、私が磯を敬遠する理由にもなっている。
「バンジョ」へも崖を降りなければなないが、正直言って平内でもかなり行きにくい場所であり、岩の隙間をロープを伝って下りることになる。
更に釣り場へは岩場の上り下りが避けられず、しかも岩質はギザギザに尖り、足場の悪さは南岸でも最凶クラス、そして更に最先端部へ行くには潮が通る場所を通らなければならず、多少波があるだけでアウト、そして先端部は少し荒れただけで波を被る。

先端部は、回遊漁に関しては結構釣れると思う、南岸の地形と水深を考えると、回遊漁は
ケーモイ - バンジョ - 浦崎 - 山ノ瀬
の先端を通過するルートをとるように思えるし、実際に青物の群をよく見かける。
個人的には、バンジョ先端とケーモイや山ノ瀬は大差は無いのでは、と考えているのだが、前述の通り非常に行き難いので人気が無いのだと思う、確かに同じくらい釣れると考えるなら、山ノ瀬に行った方が格段に楽である。

ともあれ、今日はバンジョではなくその隣のゴロタ磯である、ロープを伝って浜に降り立ち、少し出っ張った平坦な岩へ。
でかいジンガサ(貝)が一杯あるな、後で少し採って帰ろう。
さて、とにかく浅場なので弓角Fの用意をしてキャスト開始、左・正面とスカで、3投目の右でヒット。
寄せると25~6センチのギンガメッキである、やっぱりいるんだなあ、しめしめ・・・と思ったのだが後が続かない、弓角Sに替えて3カウントで広範囲を探ってみると、ゴン!
スタミナの無い引きは、案の定30センチちょっとのオジサマだった、さようなら。

オジサン その後もオジサマを追加、飽きてきた頃に表層でガツン!と来たが、細長い魚体が跳ね、直後にハリス切れで弓角を持っていかれた。
ダツもどこでもいるよなあ、と竿を置き、しばしジンガサ採りをし、満潮にも関わらず旨そうな巻貝もいくつかGET。

ついでに浜に何か面白い漂着物が無いかもチェック、ここはほぼ誰も来ないので太く長いロープ等がよくあり、この場所へ下りる用にも設置した。
めぼしいものは特に何もなかったが、弓角F用ネズミが作れそうなフロートを1つだけ持ち帰ることに。50~60グラムの浮くヤツは市販されていないので作るしかないのだ。

とまあ、遊び場開拓はギンガメ君1匹だけ。
釣れた場所近くの岩に移動して、もう少しじっくり攻めるべきだったかな。
まあしかし、いないわけではないらしいので、貝採りがてらにたまに来てみよう。

前の釣行

アオヤガラ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング