これまた微妙な・・・



まず午前中に、ヨメさんと開門のに行く途中、山ノ瀬の付け根のワンドにイカを引っ掛けに寄ってみたが、エギと同じようなサイズのお子様しかおらず諦めた。


夕方近くになってから、ダラダラと湯泊港へ。
どうもここ最近、回遊魚の気配が全くしない&実際に南岸では誰も釣れていないようなので、今日はイカの目玉を4つばかり持って来た。

15号のオモリとハリスを付け、目玉をセットして、先端角から根魚ポイントに向けてぶん投げる。
一見茫洋としていても、必ず反応がある場所があるので、そこに放り込んでテンションフォールで着底まで沈める・・・と、着底寸前から突かれている感触がし始め、着底して数秒後にはグンッと強く引き込まれた、オルァフッキング!

ズシッ!

おっしゃ初っ端から結構重い何かが乗った、食い方からするとフエダイじゃないな、ハタかフエフキかそれ以外か・・・うん、ここは是非ハタでお願いしたい!
って、マジで結構重いな、でもあんまり引かん・・・と思ったら突っ込んだ、わーいマジで結構引くぞ!?

感触からすると2~3キロくらいか、そーれ浮いて来~い!
ドラグを調整して適当に相手をすると、特に問題無く寄って来る、よっしゃ、漁礁の段差の前になるべく浮かせとかないとなー、とゴリゴリしていたら、いきなりテンションが抜けた・・・。orz
ハリスが切れたのかなーと思ったら、本当にただの針外れだった・・・うがー、ツイてねー!
その後は何かが突くが掛からない、というのが続き、たまに回遊魚チェックでジグやらを投げてみて、帰る前に最後の目玉をセットして投入・・・すると、着底とほぼ同時にゴツ・・・ゴツ・・・グンッ!
おらっしゃー、でアワセを入れると何かが乗った、重さは最初と同じくらいか・・・って、結構引くぞ、そしてなかなか浮いて来ん!

引きと合わせてかなりの重さを感じる、一段下で釣っていた兄ちゃんが落としダモを持って来てくれたが、魚はまだ浮いて来ずに左へ走って更に下へ突っ込み、ラインが漁礁に擦れる感触がする、やべー!

それでもラインがもつことを信じてゴリゴリと浮かせると、右へ走ったのを最後に浮いて来た、さあ顔を見せやがれ・・・あー・・・。
魚の正体はゴマモンガラだった・・・微妙な気分だぞおい・・・。

ゴマモンガラ 引き上げてみると41センチ、1キロ半強しかなかったが、コイツはスピードはそんなに無いものの、マジでよく引く。
同じ大きさなら、引きの強さとしては最上位クラスだ。マジでヤバい。

1年ぶりに釣ったが、ナンヨウカイワリなら3キロクラス以上の引きだった、マジ侮れん。

さて、んー、釣果としては、根魚でもなければ回遊魚でもなく、どうにも微妙な気がするw
まあ皮を剥ぐのはちょっと大変だが、刺身は普通に旨いし鍋もなかなかだ、せっかく釣り上げたんだし持って帰るか。

確か去年は、しゃぶしゃぶ風に切って鍋にして食っていたら、途中から次女がワサビ醤油を持ち出してきて、刺身として全部食ってしまったんだっけなw
一応ヨメさんに電話して了解を得て、血抜きして撤収。
船揚げ場で内臓やっつけて帰った。

前の釣行

ダラダラ中
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング