ギンガメアジ釣れました



今日も実にいい天気である。

ヨメと一緒に次女を幼稚園までのんびり歩いて送り、家に戻って、2人で尾の間の鈴川の河口へ。
ほとんど崖のような下りがあるので、ヨメもいることだし、どこぞで拾ったやたら長くて太いロープを積んで行き、下り口の木に舫い結びで結んで垂らし、大きな丸石がゴロゴロの海岸へ下りる。

ここは海が非常にきれいなのだ、地形と海流の関係なのか、ゴミが少ない上に、河口の海の色が鮮やかで少しびびる。
波は穏やかで、水平線と背後の山の緑が美しく、一筋の滝が流れ落ちていて、ロケーションは最高である・・・あとは少し砂浜があれば完璧だな、うん。

さて、ヨメはその辺を散策開始、私はとりあえず河口周辺を一通り探ってみるべくキャスト開始・・・しかし全く無反応。ちっ。

次に岩場を伝って、前にエバ(メッキ)が連続ヒットした場所に陣取り、キャスト再開。
弓角を引き始めると、魚の群が水面をばたつかせながら追って来る、やっぱりこっちにいるんだな。
なお弓角はFタイプのネズミでの表層引きである、こいつは本当に最高だ、釣れるしヒットの瞬間まで見える、そして何より根掛かりしない!w

少しスピードを落とすとゴン!
一発目できやがったぜー、寄せると20センチくらいのギンガメメッキちゃん。
うーん小さいなー、とりあえず岩場の水溜りに泳がせて2投目、すぐにゴン! 25センチくらい。
3投目、同じく25センチくらい。
ギンガメアジ&ジンガサ(貝) ヨメが後ろから何か叫んでいる、きっと逃がさずキープしとけとでも言っているんだろう、というかここは滝があるので、その音でよく聞こえない。
適当に釣れてるぞー、と魚を見せておいて4投目、ガツン!
なかなかのナイスファイト、抜き上げてみると35センチくらい、ごっつぁんです。

ちょっと根ズレしたのでハリスを確認し、傷の入った部分を切り取って10センチほど長さを詰め、5投目・・・スカ。あれ?
以降、全くウンともスンとも無し、沈めても弓角を替えてもジグで飛ばして探ってみても反応無し、群がどこかへ行ってしまったらしい。

最初の20センチちゃんをリリースし、その辺のジンガサの中から大き目のものを15個ほどGET、昨日久々に刺身で食べたら旨かったので、採らない手は無いでしょ、と。
ジンガサを採った後で数回投げてみるが、やはり反応が無いので釣った魚を捌く。
その後もう一度投げてみるもののやはり反応無し、まあいいやで竿仕舞い。

とまあ、無難に食材をGET。
ああ、こんな呑気な場所でオボソ(スマ)とかも釣れればいいのになー、と割と真剣に思う。

前の釣行

一応ギンガメアジは釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング