イセゴイだったorz



​涼しい内にということで、夜明け前に起き出して、やってきました栗生海水浴場・・・いや、本当にやる気ないな俺w​
しかも日が昇ったらさっさと帰るべく、試験的に作ってみた塩漬けの豆アジを2本しか持って来ていないw

ってことで、まあとにかくセットアップじゃ。
エサがエサだし、もし掛かれば魚にしてもエイにしても抜き上げ困難な程度にはデカいので、まずタモを組み立てる。
次に全誘導底釣り仕掛けに豆アジをセットし、思い切りぶん投げてドラグを緩め、ロッドの右側に座り込んでテレスコのロッドを伸ばし、スウィングウォブラーをセット。

で、ダルいので、座ったままキャスト、えーいw
着水と同時に適当な速さで巻き始め、コリコリと手前まで引いてくるも反応無し・・・まあもちろん釣れるとは思ってないけど。

しかし間違いとは起こるものなんだな・・・まあ起こるからHappeningというんだよ俺。

豆アジの方の糸フケを確認し、座ったままスウィングウォブラーを2投目。
着水、巻き巻き開始~・・・ふんふんふ~ん・・・ゴゴン!

私「・・・ファッ!?」フッキングー
完全に意表を突かれたが何かが食った、そして反射的にフッキングを入れると乗りよった!
慌てて立ち上がる!

グンッ! ジィイイイー!

私「あーれーwww」

ちょ、いきなりライン出された、コイツ割と引くぞ、って、おっ!?

バチョーン!

・・・跳ねよった、ダツかい・・・って、イカ用のフニャチン竿なのはともかく、リーダーがフロロ3号なのに対して、重さからして1メートル近くありそうな感じだ・・・うわーこれはルアーロストかー・・・。orz

それなりのサイズのダツのクチバシ&歯には、フロロの3号なんてもつわけがない・・・ちくしょー、スウィングウォブラー結構高いし、予備1本しかないのに・・・。
・・・と、スウィングウォブラーの葬式のことを考えていたら、またまた跳ねた・・・というか、あれ? ダツ特有の振幅の大きさが全く感じられんぞ?

ダツは体が長いので、暴れると非常に振幅の大きな手応えがするのだが、それがほとんど無い・・・ダツじゃないのか?
ってことはヒラスズキか、それともまさかのシイラとか?

ちなみにだが、やたらと跳ねる魚としてこの辺の釣り人が連想するのは、ダツ、シイラ、ヒラスズキあたりである・・・というか他には思い浮かばんぞ、まあルアーで釣れそうな魚に限ってだが。

さすがにシイラはこんな浅場まで入り込んではいない気がするし、となるとヒラスズキか?

いやしかし、さっきからやたらと走るし結構スピードがある、この機動力とスタミナは絶対にヒラスズキではないぞ・・・ええいライト付けたれ!

ヘッドライトを付けてみると・・・うおっ!?
なんと魚の目が、ヘイケ(キントキダイ類)のように煌々ギラギラと金色に光り輝いている!

え、まさかアカメ?
まあ屋久島にもいないわけではないらしいが・・・って、このスピードは明らかに高速遊泳系の魚だ、アカメではない。
ではヘイケか? いや、ヘイケはせいぜい40センチまでだ、コイツはどう見ても50センチ以上ある、それにそもそもヘイケは跳ねん!
シイラって目ぇ光ったっけ? ・・・いやここまでド派手に光るのは目ン玉が反射膜を有する構造だ、眼球に反射膜を持つ魚は、少なくとも日本近海の回遊魚にはいないはずだ。

なんなんだ、正体が判らん!

とにかく、クリーチャーは50~60センチの標準的な形の魚のようだ、リーダーがいまだに切れないことからすると歯の鋭い魚ではなさそうだし、弱らせてキャッチするしかない。
ってことでファイトに専念するものの、これがもう、マジで元気で大暴れ、なかなか弱らんのだ、スタミナあるなコイツ・・・ヒラマサみたいである。

ラインブレイクでルアーをロストするのは勘弁なので、あまりドラグを締め込まずに慎重に相手をし、数分掛けて弱らせ、無事に寄せてネットイン。

いやーしかし、この間に豆アジの方に何か掛からんでマジで良かったわい、掛ってたら色々アウトだったぞ・・・。

イセゴイ(ターポン) で、魚だが・・・げえっ!?
こっ、この、50センチ台半ばの、鱗の大きなギラギラと光り輝く魚体・・・。

こっ、これは・・・確か「イセゴイ」、いわゆる Indo-Pacific tarpon ってヤツじゃないんすか?
そう、あのダントツで不味い魚、どうやっても食えん魚として有名な、実は古代魚の端くれだったりもする「イセゴイ」じゃないっすかね?

「有明ターポン」こと「ヒラ」という魚にも似ている気がするが、あれはニシン科で、確かナンヨウカイワリみたいに口が伸びたはずだ・・・うん違うな、やっぱイセゴイだわw
タモで水中にキープしながら調べてみると、やはりイセゴイも目が光るそうだ。

ってことで、まあとにかくさようなら!
生まれ変わって旨い魚になったらまた会おう!

うーむ、屋久島にもいるのかよ・・・。
まあルアーを無事回収できてよかった、それにファイト自体はかなり面白かったぞ。

(略)

そのまま明るくなり、釣り終了!
結局、塩漬けの豆アジはエイにさえ見向きもされなかった・・・エサ持ちはいいが、ボツだな。

前の釣行

時代はエコ!(違)
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング