迷走中~



やー、またしても放り出し気味な今日この頃です。
本土の方は40度レベルが続いて大変なようだけど、屋久島はせいぜい30度を少し超える程度なので、案外余裕なんですよ奥さん。

そもそも私は暑さ耐性が高くてですねー、なんせ暑い国に長年住んでいたし、40度台後半なんて何度も経験済みでして、40度そこいらは余裕です。
1時間に何度も水を浴びながら、日陰で氷入のビールでも飲んでダラダラしてれば、46度や48度でエアコン無くても案外平気でしたぜ・・・ま、要は体温を下げつつ、動かないことですよw

この辺は経験と対処なんでしょうがねー・・・でもね、40度近いのに出歩くとか、タイとかじゃ野良犬でもしませんぜ、そんなことするのは旅行者の中でもバカな連中だけです。
これを理解できない、理解できても止められないというのは文字通りに致命的です、向こうじゃそんなことしろと言われたら、みんな普通にキレて会社辞めますよ、これマジで。なので誰もそんな事させません。

世の中、やってはいけない、やらせちゃいけないことがありますさ、そういうレベルのことを求められたら、キレることも必要ですぜ。

とにかく、熱帯の国で絶対にやってはいけない、やらせちゃいけないことが、日本ではそうなっていないのが問題ですねー・・・でもこれって相応の犠牲や教訓が無いと変わらないんだろうな・・・こういうことを海外から速やかに学ぶ素直さって、日本の社会には欠如してますもんねー。

って本題、釣りだ釣り・・・えーと、もう忘れたかもw

確か先週末は台風のせいで大荒れで話にならず、祭りも土曜の予定が日曜に順延。


月曜は晩飯後に湯泊港にちょい夜釣りに行ってみたものの、アカマツカサとネンブツダイと金目ちゃん(テリエビス)しか釣れなかった。


えーと火曜日は・・・ああそうだ、昼前にヨメチビ共が尾之間図書室に行っている間に、尾之間港に行ってみた、持ち時間は15分くらいか。
エギを1投だけしてみたがイカの姿が見えない(どこまで短気なんだ俺w)ので、ちっこいジグを投げてみたら1投目でエソが掛かり、寄せてきたら足元近くで何かがエソに突撃してきて、見るとまあまあサイズのイカだった。

速攻でエソを放り投げてエギに戻してホイホイしてみると、今度は寄って来てすんなりエギを抱いたぜヒャッハー!
300グラムくらいあるか、今の時期としてはなかなかだぜ! とか思いつつ、日で焼かれている堤防にランディングするのは考え物なのでイカBOXの蓋を開け、直にBOXに入れようと抜き上げ開始・・・がしかし、残り1メートルくらいで落ちたあああ!orz
うう、ダメだ、魚だけでなくイカまで落ちるとは・・・いよいよ恵比寿さんに何か供えにゃいかんな、後でAコープでワンカップでも買って帰ろう。

その後もジグを5~6投して、1投を除いて毎回エソが掛かった・・・なんつー無意味な活性の高さだ、ナメとんかww
時間があればエソを泳がせてみたら面白かったかもだが、どうにも時間切れで撤収、買い物して帰宅。(ワンカップは買ったw)

夕方、晩飯前に湯泊港へ行ってみたものの、結局何も無し・・・ちなみにワンカップは家に忘れてきた。w
足元近くでガツンと来て乗らず、ジグを回収してみたらフックにオジサンの鱗が刺さっていたというのが1回。

その後、ペンシルFを投げてみたら突然の水柱! 思わずうひょー!とか声が出てしまったw
足元近くをGTさんがウロウロしていたので、 たぶんGTさんだったんだろう、掛からずによかったわい。
その後もう一度足元近くでゴンと来たが乗らず、潮止まりになったっぽいのでそこで終了。


本日水曜日は、朝日が昇る頃に湯泊港へ行き、恵比寿さんにワンカップをお供えして先端へ行ってみるも先客あり。
手前で色々投げてみたものの青物は反応無し、しょうがないので足元を探ったら、30センチちょいのヘイケ(キントキダイ)が釣れた。
7時を回って暑くなってきたので、そこで撤収。


とまあ、こうしてみると、あまりゆっくり釣りに行けていないな。
やっと夏休みに入ったものの、仕事が相変わらず忙しいのに加え、実は明日(26日)から中2の長女がニュージーランドへ語学研修に行くのでその準備があったりして、微妙に時間が取れんのですよ。

がしかしだ!
なんと来週、念願の口永良部へ行くぜヒャッハー!

前の釣行

死にそうです
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング