変なもんしか釣れん

朝、日の出前に湯泊港へ。

・・・行くはずだったのだが、目が覚めたら7:00だった・・・うーむ、なぜ。

しょうがないのでのんびりと朝飯を食べ、8時を回ってから出発。
今日は見送りのために宮之浦へ行かなければならないのだが、その前に花見をしながら弁当を食べるんだそうで、10:30には家を出るという。

ってことで湯泊港!

先端角に先客がいるので、まず手前の岩場近くでジグを投げていると。
開始から10分ほどで、下層でドスンという手応え、おるぁフッキング!

ズシッ!

おお何か乗った、にしても重いぞ・・・あれ?

・・・うん、重い。非常に重い。
こりゃあ10キロくらいはあるな。

嫌な予感しかしないが、他に選択肢は無いので、とりあえず浮かせてみるべくファイト開始。

(略

アオウミガメ 浮いてきたのは、案の定のウミガメ君だった・・・。orz

見ると右のヒレの付け根あたりにフックが掛かっているようだ・・・ウミガメの皮膚は異常に丈夫で、頑張ってもせいぜい数ミリしかフックが食い込まないのだが、色々してみても外れない・・・あーもう、どうしようかコレ・・・。

ジグをロストするのも癪だし、珍しく持ってきていたハンディタイプの落としダモに入らないかとやってみたが、ダメだ、網の口径よりも甲羅の方がデカいわ・・・。
しかもテールのフックが網に引っ掛かり、もう八方塞がりである・・・しかし網をグイグイしたら外れた。

フックが伸びて外れないかなーと思っていたが、残念ながらスプリットリングが伸び、結局はジグをロスト・・・すまんなカメ君、しばらく邪魔だろうが我慢してくれ。
・・・つーか、リーダー6号でよく浮いたなアレw

ジグを付け直してキャスト再開、すると数投後に変な手応え・・・ん?
テールフックは付けてないし、エビったわけでもないよな、チビエソにしても軽すぎるぞ?
・・・と思って寄せてみたら、なんとキビナゴが刺さっていたw

そうこうしている間に先端が空いたので、そちらへ行ってみる・・・と、足元に藻が寄っていて、その中に遠投マウス(通称「ネズミ」:弓角用のトレーラー)が浮いている。
試しにジグで引っ掛かけられるか試してみると、案外簡単にフックオン、無事GET。
うーん20号か、サイズ的に使えないよなー、まあ誰かにあげよう。

その後はしばらく反応が無かったが、タイムアップギリギリに、巻き終わり近くでかなりの手応えのバイトがあった、がしかしフッキングを入れても乗らず。orz
あちゃー、テールにフック付けてなかったからな・・・。

時間切れで撤収すると、途中で久々にイカがわらわらといるじゃなイカ、しかしどうにも時間が無く、諦め。

・・・思い返すと、変なもんしか釣ってないぞw

前の釣行

スカ!
HOME