大バラシ→スマGET



​7時半過ぎに起き出して朝飯を食べ、​ 離任式だという長女を学校へ送り、家に戻って軽く一仕事して、干潮からの潮の上げ始めに合わせて湯泊港へ。

思ったよりも東風があるなーと思いつつ、誰もいない先端部に立つと、足元にキビナゴの群れが渦巻いており、曇天の映り込みとさざ波でよくは見えないものの、たまにパッと群れが大きく動いている。
ふむ、この様子からすると、何かいるかもしれんな、と、まずはバイブレーションの早巻きを5発ほどブチかますも反応無し。

次、ジグに替えて数投、反応無いなーと思ったら、巻き終わり&ピックアップ体制に入ったところの海面すぐ下でゴン!
おおなんか来たぜ! とフッキングを入れると、お、何か知らんが40センチくらいの魚が掛かっておる・・・ん? 結構重くないっすか?

魚「・・・ナメんな!」

ギュイン! ジィイイイー!

私「うひょー!?」
どうやら水面近くでフッキング食らって体勢を崩していただけらしく、持ち直すと一気に下に突っ込みやがった!

おっとっとー、とロッドを立てつつドラグを締め増すが、鋭い突っ込みを繰り返しつつ右へ行く、ラインを擦らないように角に立ち、ロッドを立てつつ耐えるのだが、なんだコイツ、めっちゃ引きよるぞ!?
どうやら3キロ以上はありそうな上、阿呆かというくらい元気一杯である、必死だなww

なかなか弱らないので更にドラグを締め増しつつ、突っ込みを1ダースくらい耐えただろうか、やっと魚が見えてきた・・・って、やっぱりヒラマサさんである、少なくとも60センチ以上、たぶん70センチ位あるぜヒャッハー!

海面に頭を出したところで、落としダモの方へ回航を開始する、しかしヒラマサ君、どうにも刺身になるのは嫌なようで、しぶとく抵抗を続ける。

私「オマエはよく頑張った、感動した! でももう諦めろってw」

魚「るっせー!」(バチャバチャ

プツン
私「あっ」

魚「あっ」

私「・・・・・・」

魚「・・・・・・プヒッw」

私「・・・んのおー!」

魚「バーカw アディダスww」

私「それ靴www」
なんと最後の最後でフックアウトおお! なんでだー!?

メソメソしながらラインを巻く・・・ジグ付いてるよな、でもさっき確かにプツンって手応えが・・・あ”。

なんと既製品のアシストフックが、フックのチモトでちぎれてやがりんこー!

血の涙を流し、唇を噛みしめながらアシストフックを交換し、キャスト再開、1投目でひったくるようなスピード感のあるバイトがあったものの乗らず・・・ぐおお!
ジグのテールにフックを増設し、キャストを続けるものの、まもなくキビナゴの群れが見えなくなった・・・orz

ふてくされながら、横風になるものの沖の方へフルキャストしてみる・・・と、着水から数秒後に違和感、フッキングを入れると何かが乗った手応え、しかし横風でラインスラッグが出ていて手応えが弱いので、バックステップしつつ追いアワセを入れるとゴン!

いよっしゃ乗ったぜ・・・って、うお、また結構引くぞ!?

またまたそこそこサイズのお魚さんのようだ、おっしゃ今度は食うぞ!
少し慎重に相手をするが、これまたスピードがあってバカ元気に走りまくる、それでもさっきほどではないなーと思いつつ浮かせると、お!
魚体がギラリと光った、コイツぁオボソ(スマ)だぜ!

スマ これまた最後まで大暴れしてくれたが、何とか無事にネットイン、確保!
まあ2キロくらいか、オボソ(スマ)は刺身よりタタキだよな!

血抜きをしつつもう数投してみるも反応無し、まあ続ければまだ釣れそうな気はするが、ちょうどお昼だし一旦終了!
午後から時間があるようだったら、もう一度来よっと。

前の釣行

ブーブー!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング