なかなか釣りに行けん&行っても釣れん



​天気悪かったし、ロクに釣りにも行けなかったのでまとめ書き!


2/16!
朝一番で湯泊港へ行ってみる。
久々にジグから入った1投目、中層で手応えがありフッキング、何か重い魚が乗った!

ロッドを立てるとマジで結構重く、ゴン、ゴン、と頭を振るのが伝わってくる、更にカンパチを想定してドラグは硬めにしてあったにも拘わらず、鋭く突っ込んで1メートルくらいずつ2度ラインを出しやがった!
おおこれはいいサイズのナンヨウカイワリか!? ・・・ん?

なんだか頭を振る振幅が大きくなってきたような・・・しかも上に上がって来やがった・・・もう嫌な予感しかしないorz

ドッパーン!

案の定のダツorz ・・・しかしデカいなおい、マジでデカいぞ!?
ドン引きレベルのデカさである、これまで釣った中でも最大級だぞコイツ、冗談抜きで1メートル半くらいある、重さも5キロ以上あるんじゃないか!?

そのバカデカダツ氏、ジャンプ&水面ウォークをしながらアタマを振り回し、超絶大暴れ! 必死だな!w
長くて重さのある魚体を鞭のように振り回して水上で暴れるので、ロッドを立てていてもグワングワンと振り回されて制御困難である ・・・はっきり言ってルアーはもう諦めたが、 ヘタすると更にリーダーが魚体に絡んでしまってPEから切られかねないので、それだけは避けるべくロッドを立てる!

やがて歯でリーダーが切れ、終了。
あー畜生、マジで迷惑な魚だ・・・年間3万円くらい払えばダツはあなたのルアーには一切寄り付きません!とかってオプション無いもんかな、今すぐ払うぞ!

1投目でほぼ戦意を喪失し、15分ほどで撤収!


2/17!
朝飯の後で、ヨメチビ共を連れて栗生・塚崎へ。
チビ共が遊んでいる間にゴジラ岩に行ってみると先客がいたのでUターンして河口部でダラダラ釣り。
メッキのシーズンでもないし、ダツくらいしかいないだろうな。

案の定、たまにダツが絡んでくるだけで、早々に諦め。


月曜日から雨続き。Suck。

2/21!
夕方にやっと雨が上がったので、長女の迎えから戻った後、湯泊港へ行き30分ほど投げてみる。
・・・ダツしかいねー!orz


2/22!
昼飯の後で湯泊港。
着いてみると、なんだか港の中の海の色がおかしい・・・あーやっぱりな、港内がキビナゴだらけ!

うわーこれ釣れないパターンだなーと思いつつ先端へ行くと、いい感じの潮目が100メートル少し沖に現れており、外海側にはキビナゴが見当たらないので、期待してキャスト開始!
・・・がしかし、ダツさえいない・・・と思ったら河童発見!w

泳いで足元までやって来たT氏と話すと、大瀬(沖の岩場)の辺りにキビナゴの群れがいるが、魚は全然いなかったとのこと。
ただ話している時に、オボソ(スマ)が5匹だけ通過していったらしいw

どうやら目は無さそうなので、早々に撤収!

前の釣行

ナンヨウカイワリ&イカ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング