宗旨替えw

なんだか堤防も釣れないので、今朝は朝飯の後で魚待へ。

東側には相変わらずカゴ釣りのグループが陣取っており、釣れそうには思えない・・・が、そこで考えを変えてみる。
カゴ釣りのオキアミは下へ沈むが、魚は食い気のある時は表層に上がってくる、そして表層にはオキアミは無い。
ってことで、表層のみを攻めてみることにする、少なくとも横でオキアミ撒かれている状況では、中~下層を攻めるよりも勝率が高い気がする。

とりあえずペンシルFでざっと全方向を探ってみる、特にサラシ近くは念入りに。
一度だけサラシ近くで魚が触ったような感触があった、ペンシルSに替えてみると、同じ辺りでグンッと重さが乗った、と思ったら外れた。orz
うーむ、ヒラスズキはマジでちゃんと掛からんな・・・まあ全てシングルフックに替えてあるせいなんだろうけど。

結局、撤収までの1時間ちょっとで6バイトあって、3バイトははっきり魚体が見えてヒラスズキ、残りはもしかしたらダツかもしれんが、1匹も掛からなんだ・・・。orz
いや、ダツは掛からなくていいんだよ、ダツが掛からないようにわざわざ手間暇コストかけてシングルフックにしてるんだからさ・・・しかしな、ヒラスズキよ、お前は掛かれ!w

うーむ、これはちょっと対策を考える必要があるな・・・ここいらのヒラスズキは日本最南端のそれなのだが、とにかく掛かるとデカくて、たぶんアベレージで70センチを超えている気がする。
そして刺身はなかなかいけるし、ムニエル等も旨いのだ・・・まあ旨い青物には劣るので軽視してきたのだが、青物はムラがあり過ぎるので、これはコンスタントに釣って定番食材に加えるべきだ、うん。

ということで、ちょっくらフックのセッティングを熟考してみることにしたぞ、覚悟しやがれ!

前の釣行

後悔した
HOME