聞いてない



朝飯の後、のんびりと湯泊港へ。

今日は土曜なので人が多い、案の定、先端部に何人かいるので、手前の岩場の辺りで適当にキャスト開始。
たぶん先端は無理だろうからと考えてゲソを4本持って来たので、のっけからゲソングである。

最初の数投でざっと探り、反応があった辺りを重点的に攻めると・・・なんと20~30センチのオジサンばかりを連発!
少し方向を変えたりしてもオジサンばかり釣れてくる、ざっと10匹近く釣った辺りでゲソ切れ、終了orz

ブツブツ言いながら、ゲソの代わりに、夏に神戸のダイソーでなぜか買ってしまったトカゲ型なワームwを付けてぶん投げてみる・・・まあ根魚ならこれでも普通に釣れそうだよなw
・・・と思いつつ、ナメたシャクリをしていたらゴン! ファッ!?

・・・。
・・・・・・。orz
あーまた貴様かコンチクショーめ、節操なく何にでも食い付いてるんじゃねーよコンチクショーめ、しかもなんだか無駄に重いぞコンチクショーめ!

ヤガラ氏を抜き上げてリリースし、ちょうどそこへやって来た小島のK氏と少し話をしていたら、急に風向きが東に変わって釣りにくくなったので終了、帰宅!


午後も夕方近く、東の風が吹き狂っているので、なぜか栗生の海水浴場横の埠頭へ釣りに行こうと思い立つw

何故かって?
そりゃあ岩場は面倒だし、中間の堤防は釣れそうにないし、砂浜なら根掛かりしないじゃんww
まあ真剣に釣る気は特に無いし、あそこはイカがいることがあるし、それにちょっと改造してみたルアー?のアクションを試したかったんである。

ってことで栗生!
場所は海水浴場左手の、テトラが置いてある埠頭の左側、一番高くなっている所。
とりあえず改造ルアーをテストしてみる・・・んー、こんなもんか、悪くはない希ガス・・・しかし魚がいない場所じゃテストにならんのじゃないかと今更気付くw

ってことで、再びゲソングをしてみる、まーメッキとエソくらいしかいないよなここは・・・ん?
何か突かれた感触があったのでアクション停止、そのままテンションフォールで着底させ、数秒待つ・・・おっ!?
なんか食ったっぽいのでフッキングを入れる、しかしスカ、そのまま再び着底させて数秒待つ・・・っしゃー!
フッキングを入れると今度は何かが乗った、大きくはないがそこそこ引くぞ、メッキか?

シマアジ 適当に寄せてみるとギラリと魚体が光った・・・あれ? お!
魚は30センチ位しかないが、なんとシマアジである、こんなところで釣れるのか、サビキとか持って来ればよかったな。
しかしその後はエソとちっこいオジサンしか釣れず、夕焼け小焼け(17時を知らせる音楽w)が流れる、確か17時20分位に日没だったな・・・曇っていて既に薄暗いし、あと15分位で帰るか。

ここで、マズメ時用決戦兵器のイカの目玉を取り出し、ゲソの替わりに目玉を付けてぶん投げ、着底させてシャクる・・・シャクリながら、目玉が海中で踊り狂う図を想像して少し引くw
目玉ング(?w)2投目、テンションフォールで着底、数回シャクって再びのテンションフォール中に違和感、そのまま着底させると・・・ゴゴッ!
私「っしゃー!」フッキングー

ズン!

私「はえ?」

グン! ギュン! ギュイイイィー!

私「・・・はぁ!? ・・・おいおいおいー!?w」

ちょw どうなってやがるw

なんと、なんか知らんがデカいのが掛かったらしい!w
掛かるとしたらタマン(ハマフエフキ)とかだろうと思って、ドラグは最初から割と固めにしてあったので、そのままで少し様子を見ると、走りはまもなく止まった。
うーむ、手応えからすると4~5キロの魚だと思うが、これ明らかに回遊魚だぞ、なんでこんな場所で・・・。

とにかく弱らせて寄せるべくファイト開始である、がしかし、ここは遠浅な上に海底は砂地、根ズレの心配は無い。
走りを止められた以上、あとは普通に相手をすれば基本的に負けはない、えーと弱らせて右の角を回り込ませ、海水浴場の砂浜まで曳いていくしかないな、まあ大した問題ではないだろう。

魚が走り出し、再びドラグが鳴ってラインを出されたが、それも5~6秒で止まった、まあ焦ることはないので、ドラグはそのままでポンピングを開始、魚を寄せ始める。
魚が頭を振る、振幅でそれなりの大きさだと判るが何だろうな・・・GTの小さいやつかな?
また魚が走ったが、今度は2~3秒で止まった、よし、勝ったな!

更に魚を寄せる、たまに暴れるが順当に寄って来る、やがて足元近くに魚体が見えた、既に薄暗いのでよく見えないが、70~80センチくらいで扁平な黒っぽい背中である、よしと、少し空気を吸わせるか。
・・・と思ったらお魚さん、最後の力で抵抗を開始、ラインを出して岸壁沿いに右へ走った。
まあしかし、曲がり角までは優に30メートル以上あり、とてもそこまでは走れないだろうしいつでも止められる、しかもその間に障害物も無いので余裕である、どうぞご自由に弱ってくれ。

・・・と思ったら。

あれ、魚が見えなくなったぞ・・・ん? はあ!?
ラインの角度が、どう見ても岸壁よりも内側に食い込んでいる、しかもリーダーがズリズリと擦れる感触が伝わってきた、え、なぜ!?
そして次の瞬間にテンションが消えた・・・。

・・・。
私「・・・はぁ!?」

憮然としながらラインを回収し、ガリガリになったリーダー&ハリスを見る・・・なるほど、謎は解けた。たぶん。
どうやらここの埠頭の足元は、下の方が内側に抉れているらしい・・・魚はそこへ入って走ったようなのだ、そうとしか説明がつかない。

うがー、そんなの聞いて無ぇー!

ぬおお、先に下に降りて相手をすればよかったか・・・ちょっと予想外過ぎた・・・orz
そんなこんなで、完全に勝ったと思っていたのに、土壇場で斜め上の大バラシだコンチクショー!

それにしてもあの魚、最初はGTかと思っていたがたぶん違うな、GTは一旦弱ると白目を剥いてヘロヘロになり、ほとんど抵抗しなくなる。
なにしろ深さが無かったので下に突っ込むという行動は無かったが、あの最後まで抵抗する行動はヒラマサやカンパチっぽかった。

目玉がもう1つ残っていたので、ヤケクソでもう1投してみると・・・ゴゴン!

私「は?」フッキングー
ズン!

私「」

なんとまた何か掛かりやがった、しかもまたそこそこ重い、どうなってやがるw
・・・がしかし、あんまり引かんな、いやしかしさっきよりは軽いものの、2キロ以上はありそうな感じである。
まあとにかく、今度は先に下に降りて、慎重にゴリゴリと・・・んん?

げ。

・・・エイだったー!\(^o^)/

そんなに大きくはなかったが、スレ掛かりで重かったようだ、しかも掛かっているのは毒針の裏側って・・・これなんて嫌がらせ?
水揚げして恐る恐るハリを外し、なんとか無事にさようなら、以上、撤収!

・・・うーむ、なんだか思いがけず色々面白かったような気がするが、なんか微妙にムカつくな・・・。

前の釣行

パッとせず
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング