屋久島いい加減釣り日記

キングボンビーに憑かれるorz

2017/11/09(木)
​朝起きて、5時半前に湯泊港先端に到着。

暗い内はゲソングで根魚を狙い、明るくなったら回遊魚狙いってことで、まず4本持ってきたゲソに火を噴かせるべくセッティングし、キャスト開始!

・・・それが悪夢の始まりであった。​

数投して、1度アタリのあった辺りを集中的に探る・・・こうして探ってみると、根魚の付いている場所というのは決まっていて、ハタ類の多い場所、フエダイ類の多い場所、オジサンしか掛からない場所とあって面白い。

何度目かのキャスト、着底からシャクっていると、前触れ無くいきなりテンションが消えた・・・は?
いや正確には消えたのではなく、重さが1/10以下にまで減ったというか・・・とにかくラインを回収してみると・・・は?

ジグが無くなっている・・・しかしスナップは閉じているしハリスもフックも無事である。
・・・えーとつまり、ジグのアイが抜けたってことか・・・それともスナップとアイを構成する2つの金属が、お互いの構成原子群の隙間をうっかりきれいにすり抜けちまったとかか?w
まあ安ジグではあったが、アイが抜けるとか、さすがに想像の斜め上過ぎてちょっとドン引いた、勘弁してくれ・・・。

その後キャストを続けていると、今度はなぜかエアノットが発生・・・なんでだよ普通に追い風で投げてるだけだぞ、さっきまでは何ともなかっただろ・・・。orz
今日はしばらく使っていなかったリールで釣っていたのだが、PEは数日前に巻き直した新品(2号25lb・150メートル)である、しかも長さは念のため適正よりも少し短めにしてあるのに・・・。
15分程頑張ったが、小さな結び目がどうしても解けず、血の涙を流してそこからPEをカット・・・仕掛け巻きに巻き取った量からするとざっと20メートルほど、うう、新品のPEが・・・。

メソメソしながら簡易法でリーダーを結び直し、キャストを再開すると、なんとまたエアノットが発生・・・おいおいおい、おかしいだろ、一体何がどうなってやがる!?
そしてまたどうしても解けない部分があり、更に16メートルほどをカット・・・しかも切った分を巻き取ると、ジグが根掛かりしていて泣きっ面にオオスズメバチ、なんとか外れたがリーダーはガリガリ・・・。orz

もうやる気はほぼ枯渇していたが、このまま帰ってはあまりにアレなので、ラス前のゲソを付けて足元に投入し、なんか釣れないかなー、と待ってみるとすぐにゴン!
アワセを入れてみると軽い、ゴリゴリ巻き上げてみると・・・げえ!?
ミノカサゴ なんと魚はミノカサゴだったでござる・・・ここでコイツが釣れたのは初めてだよおい・・・。orz

・・・ジグにPEとやられて、果ては毒魚っすか・・・濡れ衣でとっ捕まった挙句に鴆酒持って来られた韓非の気分だよ・・・大人しく刺されろってか? 冗談じゃねーぞ!

とにかくハリを外そうとしたが途中で暴れてヤバかったので、今日のツキでは無理すると本当に刺されかねんと諦め、不本意ながらハリスを切ってさようなら。
いったい今日はどうなってやがる・・・ツイてないにも限度ってものがあると思うんだ、いい加減にしやがって下さいお願いします・・・。orz

・・・がしかし、まだ悪夢は終わっていなかったようだ・・・。


1本だけ残しておいてもしょうがないと、ハリを結んで最後のゲソを付け、根魚ポイントへキャスト、着底させて少しホイホイし、再び着底させて待つこと数秒。

・・・ゴゴッ、ゴン!

おっしゃ来やがったぜ、食らえ昇竜拳、おるあー!

ズン!

フッキングを入れると、そこそこの重さが乗った、よっしゃ!
・・・がしかし、その0.1秒後。

パンッ!

耳元で破裂音!?

・・・はぇ?

何が起こったか一瞬解らなかった・・・は?

・・・。
・・・・・・。
えーと、なんでリールのすぐ手前でPEが切れてるんでしょうか・・・?

もう、ワケがわからない・・・さんざんPEを切り詰めたので、切れた辺りは真新しい、今のキャストで初めてスプールから出た辺りだと思うんだ、それがなんで切れるわけ?
しかもPEの2号25lbに対してリーダーはフロロ6号22lb、ハリスに到っては5号20lbだ、挙句の果てにはリーダーの結束が間に合わせで怪しいってんで、さっきドラグをいつもよりも少し緩めたんだが・・・。
あまりのあり得なさに、たっぷり1分近く固まった。

とにかく、巻き直したばかりのPEが、今ので完全に終了したのは確かである・・・南無。
って南無じゃねーよ、一体どうなってやがる!?

・・・ふてくされる気力さえ無く、呆然としたまま撤収・・・なんだこの、あり得ないような不運の連続は・・・。

前の記事

なんかダメ
HOME

©2017 屋久島いい加減釣り日記