屋久島いい加減釣り日記

ナンヨウカイワリ釣れましたよっと

2017/11/04(土)
朝、日の出前に行こうと思っていたのだが、昨夜ちょっと夜更かしをしてしまったため完全に寝過ごし、家を出たのは朝飯後の8時過ぎ。
今日から数日は北西の爆風らしいので堤防である、なお考えた結果、ルアーの他にゲソを3本だけ持って出た。

さてお馴染みの湯泊港・・・ファッ!?
なんだかえっらいたくさん人がいるな・・・そうか連休か。
堤防の先の方には5~6人いる上に西風が強いので、全員が先端部に固まっている、入れる場所は無なさそうである。
うーむ、しかし他にいい場所も無いし、まあとりあえずイカでも引っ掛けるか、と駐車場?まで進むと、「わ」ナンバーの車の他に見覚えのある車がある、どうやら先端にいる人達の1人はじみぃさんらしい。

とりあえずイカ竿を下ろして船溜まりとテトラ脇を覗いてみるが、風のせいでさざ波立っていてよくわからない上、エギがまともに沈まないので数分で諦め。
しょうがないのでルアーの用意をし、堤防を進んで段差を降りた辺りでまずシンペンを投げてみるが、斜め後方からの強風で糸フケが多い上、これじゃあ魚が食っても判らんわと思い、不本意ながらエビングもどきを取り出す・・・というのは、この位置はメチャクチャ根掛かりが多いので、底の方を釣りたくないのだ。

さてエビングもどき、ハリに付けるのはグラスミノー等ではなくイカのゲソだ、そう、得意のゲソングであるw
なるべく風を背に受けるように斜めにぶん投げ、シャコシャコしてみると、1投目から根掛かり・・・。orz
気を付けていてこれなんである、あーもうだからここで沈めるの嫌なんだよなー、とブツブツ言いながら軍手をしてPEを引くと、ハリスが切れてジグは戻って来た、ラッキー。

更にブツブツ言いながらハリを結ぼうとしたら、あれ、ちょうどいいハリが無いぞ・・・しょうがないのでワーム用のハリを引っぱり出して結んでいると、じみぃさんが荷物をまとめて戻って来て、少し立ち話。

なんでもじみぃさんが来た時、先端の人達が13キロだかのGTを釣っていたという・・・まだいるんかい、というか、まあ先週も見掛けたし、いるんだろな。
他にフエダイも釣っていて、それはもらったそうだ・・・釣らずに旨い魚をGET、それこそ私の目指す釣りの極地である・・・どうにも釣ってない気がするけど気にしないw

じみぃさんが堤防を戻り、ハリを結んでゲソング再開、今度は着底させないでシャクってやるぞコンチクショーめ・・・ゴン!

ウホッ?(反射的にフッキング)

グンッ! ゴンゴン!

・・・あ、なんか掛かったわw

そんなに重くないっぽい上に大して引きもしないので、ヤガラかいなと思いつつ適当にコリコリ寄せる。
途中までは本当に引かずに寄って来たのだが、途中からそれなりに引き始めた・・・あれ?

ヤガラではなさそうだ、んー、大きめのオジサンか何かかいな、と思いつつ更に寄せると、次第に重さが増していき、それなりの重さと引きであることが今更のように発覚!w
え、ホウライヒメジのデカいヤツとか、もしかしてハタとかか?

更に足元まで寄せると、海中で魚体がギラリと光った・・・うそん、まさかの青物っすか!?w
波と強風と潮の流れ、斜めに投げていたせい等で全く気付かなかったのだが、浮かせてみると、掛かっていた魚は50センチ位はあるナンヨウカイワリだった・・・魚は足元まで来てやっと本格的に暴れ始めた・・・ちょ、これどうしよw

というのは、落としダモは先端だし、ここからその先端までは50メートルかそこらを曳いて行かないといけない上、途中に1メートル半くらいの上りの段差があり、更にその段差の下ではおっちゃんが1人しっぽり釣っていたりする上、角を回り込んで落としダモに到達するまでに更に2人が竿を出しているのだ。

ナンヨウカイワリ うーん、こりゃあ久々に軍手でPE掴んで引き上げ作戦かいなとも思ったが、ナンヨウカイワリは口が弱いので多分7割方落ちるだろう、しかし旨い魚なので落とすには惜しい、うーむ・・・と考えつつ、取りあえず魚を弱らせていると、先端にいた兄ちゃんが2人、こちらに気付いて落としダモを持って来てくれて、程なく無事にネットイン、マジであざーっす!

水を汲んでナンヨウカイワリ君を友愛し、血抜きをする間にもう数投してみると、毎回なんやかんやの反応があり、その内一度は重さが乗ったが途中でバレた・・・風でラインがたるんでいるので力が上手く伝わらないのが原因だろうか、しかし活性はかなり高そうである、こりゃあ続ければまた釣れるんだろうが、少し前から日が差してきているし魚が痛むってんで、ここで撤収とし、船揚場で内臓をやっつけて速攻で帰宅!

なおナンヨウカイワリ君は53センチあり、コイツの刺身が好きなヨメチビ共は大喜び、確かに回遊魚じゃトップクラスに旨いもんな。
ってわけで、あっさり旨い魚GET!

・・・しかしこうして堤防で簡単にいい魚が釣れてしまうと、いよいよ磯に行くのが億劫になるのが困る・・・。

前の記事

イカだけ
HOME

©2017 屋久島いい加減釣り日記