フエダイ&イカ&雑魚多数

​朝、いつものように湯泊港へ。
先端へ行ってまず新しい落としダモを設置し、釣り開始。

今朝はなんだか活性が高いらしく、アタリが続く・・・がしかし、釣れてくるのは金目ちゃん(テリエビス)3匹にアカマツカサ2匹、手の平サイズのヘイケ(ゴマヒレキントキ)と、獲物にならない魚ばかり。小さいので、どいつも鬼アワセで吹っ飛びそうな勢いで浮いてくるw ごめんねw
うーむ、ヘイケは大きいなら歓迎なんだがな。

明るくなってきて、エサのイカの目玉も最後の1個、堤防角から3メートルほどちょい投げして魚礁の上に着底させ、待つこと少々。

バコン!

私「おらっしゃー!」 * 鬼アワセ

ズシン!

よーし乗ったぜ、コイツはフエダイだ、うお、そこそこサイズだな、ヒャッハー!
ロッドを立てて突っ込みを押さえ込み、あとはゴリゴリ巻いて浮かせてくる、まあ今は特に潮位が低いので海面まではほんの6~7メートル程度、あっという間に姿が見える、うむ、フエダイあざーす!

イッテンフエダイ 40センチちょっとくらいだが、念のために落としダモのところまで曳いていき、落としダモMarkⅡのファーストフィッシュを無事ネットインしてホイホイと引き上げ、無事確保。
見ると上アゴのど真ん中を針が貫通していた、我ながら完璧なフッキングである!

魚はクロテンだが食べ頃サイズ(42センチ)だ、よっしゃ刺身確保!
しかしフエダイって尻尾がマジで立派だよな、よく引くわけだ。

最後のエサだったので、血抜きをしながらざっと片付けをし、10分程ジグを投げてみたが反応無し、さっさと終了!
ウロコを落として内臓もやっつけて転進を開始、あとイカも釣れれば完璧だな。

と、通りすがりの潮通しでイカチェック、見当たらんなーと思ったら、たぶん200グラムくらいのが1匹、元気に躍り出てきた。
一気には抱かないがエギを追ってくるので、引掛けモードに切り替え、1分ほどでフックオン!
無事に抜き上げてしっぽりとイカGET、ヒャッハー!

他にイカは見当たらなかったが、朝の散歩でフエダイとイカが1匹ずつ釣れれば文句はない、撤収!


昼前、ヨメさんが泳ぎたいと言うので栗生・塚崎へ。
ゴジラ岩の横でイカでも引っ掛けようと思ったら、潮位が高い上に波がかなりあって辿り着けず、諦め。
その辺を散歩して、松竹で天丼ざるそばセット食べて帰った。


夕方、イカチェックに再び湯泊港へ。

イカはチビさんが1匹引っ掛かっただけでいいサイズは見当たらない。
潮通しでちょっと底の方を探ってみると、何かの魚がエギに食らいつき、リーダーを瞬殺でブチ切られ、貴重なエギを持って行かれた・・・うおお、なんてことしやがるこのバカちんがー!orz

いや実は、先日なかなか釣れない時、試しにリーダーをナイロン1.5号にしてみたら途端に爆釣したので、それから1.5号のままだったんである・・・これじゃあちょっとした魚が掛かったらどうにもならんわなあ、でもこの方がイカは釣れるわけで、難しいところである。

リーダーから切られたのでイカは諦め、ぶーたれながらルアー用のロッドを持って先端部へ行き、ちょうど帰るところだったBD氏と少し話すと、50センチ位のナンヨウカイワリが釣れたそうだ。
何でも最近は、粘っていれば高確率でナンヨウカイワリが釣れるとかで、ここのところ結構釣っているそうな。

ナンヨウカイワリは、屋久島で陸から釣れる回遊魚の中で一番すばらしい魚だと思う。
理由は、

1.カンパチなんぞよりよっぽど旨い、ヘタな根魚よりも旨い
2.ウロコがほとんど無く、捌くのが非常に楽
3.アタマが小さく、その分だけ身が多いw

難点らしい難点は、口が弱いので、強引にやり取りすると口切れでバラしやすいということだろうか。
あーあと、割と底の方にいる魚なので、狙い過ぎると根掛かりする可能性が高くなるのもアレだな・・・これでトップで釣れてくれれば最高なんだがな。
とにかく、フエダイが終わったら、次はナンヨウカイワリ狙いだな!

ってことで、エビングもどきでキャスト開始!
数投目にゴン、おっしゃフッキングー!

ズシッ!

・・・。
・・・・・・。

私「・・・」ブ-

寄せてみると、案の定細長い・・・帰れコンチクショー!

つぶらな瞳のヤガラを外して放り、キャスト再開、数投後に再びゴン、がしかし小さいな。
ちょうどそこへ、温泉横の寿司屋「はまゆ」のYさんがやってきたので落としダモのことを話すと、怒りつつもそんなヤツがいることに呆れていた、数日前に5キロ位のタマミ(ハマフエフキ)が掛かり、上げるのに使ったんだそうな・・・って、5キロってデカいなw
なお話しながら寄せた魚は、20センチ位のバラフエダイのお子様だった、ルアーで釣れるとは珍しいけどさようなら。

その後、根掛かりで仕掛けをロストorz
ちょうど日が沈むところだったのでそこで終了、結局手ぶらで撤収。

前の釣行

落としダモ再開のお知らせ
HOME