イカ+磯モノ



うーむ、​実にもって梅雨である。​

ここ数日の雨、まあ感覚がぶっ壊れている我が家基準ではそんなに強く降っているわけではなく、降り方が女々しい! とか言われているのだが、日本基準だと警報レベルの降りっぷりらしい。
1時間あたりの降水量で200ミリも超えてないのになー・・・って思ってちょっと調べたら、1時間に200ミリって日本記録(153ミリ)を大幅に上回るんだそうですごめんなさいw
まあ屋久島の雨は雨粒が小さいので、一見激しく降っていても、結局は大した雨量にならないんだろうな。

ちなみに1時間に250ミリとかの時に車に乗っていると、ワイパーを最速にしても、文字通り「全く」見えない。
全方向が真っ白で、もちろん運転は完全に不可能なので、国道だろうがどこだろうが全ての車がその場で無条件に停止して、雨が弱まるを待つしかない。
当然ながら低い所はあっという間に冠水し、待っている間に車が浸水することも多々あるので、ヤバいと思ったら本降りになる前に少しでも高い場所に移動しないと、車両浸水・廃車の憂き目に遭う。

まあとにかくだ、よい子の諸君、南の国ではスコールに気を付けろってこった。


さて、釣りだ釣り。
昨日、魚の煮付けを作っていたヨメさんが悲しそうな顔で言った。

ヨメ「これでヒラスズキおしまい・・・」
先日釣った83センチ・6キロほどのヒラスズキの冷凍在庫が払底したらしく、あとはブリのカマが残っているだけだそうなw

私「まあ雨が上がったら何か釣ってくる、晴れるように祈っとけw」
ヨメ「アワビご飯も食べたいー・・・」(アワビ=磯モノのアナゴのこと)
私「それも晴れたら採ってきてやるw」
ヨメ「ブ~!」
私「・・・天気のこと俺に言われてもなw」

そして今朝、のんびり8時半頃まで寝ていると叩き起こされた。

ヨメ「晴れた! 起きて!」
私「・・・ほげー?」
ヨメ「アワビご飯食べたい!」
私「・・・は?」

・・・ってことで、手早く朝飯を食わされ、家を叩き出された・・・人生は過酷だw

そんなこんなで、やって来ました湯泊港。
まあ干潮は昼過ぎなので貝採りは11時頃からだ、それまで1時間ほど釣りをしてみよう・・・ただ水潮&海が荒れた後なので魚は釣れないだろうな、条件が悪すぎますわ。
水はかなり濁っていて、透明度はかなり低く、海中の様子はよく判らない。

先端まで行ってしばらく投げてみたが、案の定全く反応無し、15分ほどで諦めw
しょうがないのでイカサーチを開始・・・最近どうも以前と居場所が違うんだよな、以前のお決まりの場所がスッカラ菅で、イカは少々苦戦中なのだが、最近はこの辺に・・・お、いたいた。
早速エギをポイしてホイホイすると、20秒ほどであっさりぽっくりイカGET、まあ200グラムくらいだけど。
ちなみにアオリイカ、Acoopで1キロ半の冷凍物が税込みで考えると4500円くらいで売っているので、まあキロ約3000円である・・・ということは、重さ的にはこんなイカでも600円近いんすか!?
高いなおい、長崎の方では100グラム140円くらいらしいぞ?

アオリイカ まあとにかく、こんなサイズなんだからせめてもう1匹・・・がしかし、寄って来てタッチはするものの、抱きそうで抱かない・・・うがーイライラする!
お触りだけとは何という生殺し・・・ああんもう焦らさないで早く抱いてー!(違

それでも10分ほど粘って何とかもう1匹同サイズをヒャッハーして、車に戻って保冷剤入りのクーラーに移し、少し早いが貝採りへ。
滅多に人が行かないであろう場所へ行き、1時間ほどでたんまりとアナゴ他をGETし帰宅。
シャワーを浴び、ビール飲みながらヤキソバを食べ、デザートにシロクマ食べて寝た。

前の釣行

爆釣である!w
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング