爆釣である!w



午前中は地域の草払い作業、昼間は疲れたし暑いので昼寝、夕方4時を回ってからヨメチビ共と一緒に例の湯泊の磯へ、本日は河口側へ行ってみた。
イカはどうせチビさんしかいないだろうから、魚狙いでMHのロッドを持って来たかったのだが、4人乗ると代車の軽(現在車検中)にうまく収まらないので、今日は6ftのライトタックルで我慢。

ヨメチビ共を砂浜に遊ばせておいて、適当な岩の上からキャスト開始。
両岸は岩場だが、河口なので海底は砂地で比較的浅く、しかし所々に多少根もあるといった感じで根掛かりはあまりしそうにない、ってことでジグで底を探る方向で、右岸近くから探り始めると。

1投目: エソ
2投目: エソ
3投目: エソ
4投目: エソ

・・・なんじゃここはエソの巣窟かww
もう入れ食いである、こりゃあエソ釣ってウキ付けて沖にぶん投げて泳がせといたらいいかもな。

5投目: スカ、ただしアタリはあり

6投目: 
なんかフォールの途中で横からジグが掻っ攫われ、慌ててベイルを戻してフッキングを入れると、次の瞬間にロッドが持って行かれそうになった、かしかし直後にフックアウト・・・なんだ今のは?
7投目: コツン、コツンと数回アタリがあったが乗らず

アオヤガラ 8投目: 
同じコースを通すとまたアタリ、ジャークのピッチを少し速めると乗った、うお、結構重いぞ!?
・・・しかし重いだけであまり引かない、嫌な予感しかしない・・・案の定のヤガラさん、1メートルくらいあって、足元で暴れられたらロッドが振り回されてちょっとヤバかった。
なんとか無事にランディングしてフックを外し、さようなら。
・・・コイツ、切り身の状態で釣れてきたら持って帰るんだけどなー。(旨いんだけど歩留まり?wが悪い上にヌルヌルしていて捌きたくない)

その後エソと小さいオジサンを連発した後、またフォール途中を掻っ攫われた、ベイルを戻してフッキング、ゴン!
いよっしゃ乗ったか、と思った次の瞬間に、またロッドが一気に持って行かれそうになった、ヘボリールなのでスプールを押さえて追いアワセを入れると魚が跳ねた、デカいダツじゃねーかバッキャロー!

しかし6ftのフニャチンロッドにメートル超えの重さもかなりあるダツ、そんなヤツに体長を生かして海面で暴れられると、ロッドが上下左右にビヨンビヨンと振り回され、もうハチャメチャである・・・不本意ながら、これはこれで超大物を掛けたみたいで面白いぞコンチクショー!w
しかしアシストフック1本だったので、寄せに入る前にフックアウト・・・まあ外れてくれて助かったかな、あんなのこんなロッドで足元まで寄せたくないわw

その後少し場所を移ってみたが、5投でエソが3匹、晩飯の用意をしないといけないので、そこで終了。

いやしかし、数だけは釣れたなおいw
っつーか、根掛かりを気にせずに使えれば、ジグって釣れるんだなーと再確認、まあ釣りとしては久々に面白かった。

前の釣行

釣り<草毟り
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング