さっぱりですだ



​昨日は文字通り、早朝から深夜まで、チビ共の送迎以外は仕事に費やした。
そして、終わった、ついに終わったああああ!​

やっとこさ納品を無事に終わらせ、ここしばらくの地獄のロードが終了した、まあしばらく微調整はあるだろうが知れている、これでやっと自由の身だぜヒャッハー!

ってことで、まず朝飯後にヨメさんと麦生の堤防までロケットの打ち上げを見に行き、買い物して一旦家に戻り、荷物を置いて湯泊港へ。
2人でイカチェックをしつつ先へ進むも、イカは全く見当たらず。

さて先端、可能性があるのはヒラマサ君くらいなので、今日は弓角でじっくり粘ってやるぜ!

(略)

30分経過・・・全く何の反応も無し!w
うーん厳しいなー、まあ粘ってみるしかないなー、と、渋々ながら底の方まで探ってみると、やがて何かが乗った・・・アタリらしいアタリもなく、ただ僅かに重くなっただけ。
上げてみると案の定の10センチ位のエソ・・・ふむ。
私「よし、今からオマエはエソではない・・・」
エソ「えっ」
私「今からのオマエはエソではなくエサだ!」
エサ「いやその理屈はおかしい」
私「細けぇことはいいんだよwww」

ってことで泳がせ釣り開始!

(略)

・・・まあ、こんな真っ昼間にそうそう釣れんよな・・・エソも弱ってきた。
しょうがないので、ドラグを締め込んでオモリをつけ、堤防の継ぎ目の、明らかにデカいハタか何かが巣食っていると判っている場所に沈めてみる。

数分後。

グンッ!

私「!?」
マジか何か食いやがった、一呼吸置いて、思いっ切りフッキング!

ズシッ!

乗った、いよっしゃズッシリ重ぇぞヒャッハー!
とにかくとっととそこから引き剥がすべく、間髪入れずにゴリゴリと巻き上げる、うおーコイツは重いぜ、でもあんまり引かないな・・・と思ったらいきなりテンション抜けたorz

ぶーたれながら上げて見ると・・・げ。
なんと泳がせ用に使っているゴツいタマン針の管付き19号が、ヤスリでもかけたようにゴリゴリになり、針先なんぞ内側にネムリ針の如くひん曲がっているではないか。
まあつまりイシガキフグだな、最近この辺を60~70センチのが泳いでるもんな・・・にしても、なんつー歯してやがる・・・。

腹減ったので撤収!

前の釣行

山を越えるとまた山だったorz
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング