ダツだらけ



やっと仕事が山場を越えた、よく頑張った俺!
これでまた安心して釣りができるぜヒャッハー!

朝、​長女を送った後、そのまま湯泊港へ直行しイカチェック。
・・・がしかし、西風が強くてよく見えず、10分ほどで諦めて帰宅。

夕方、晩飯前に久々に魚待へ。
最近暑くなってきたので、もう朝夕でないと磯は辛い・・・まあ暑い時期はサンダルで堤防だよねー、やっぱw
磯も堤防もそうだけど、日陰があればなー・・・そもそも屋久島南岸の磯は大なり小なり崖の登り降りがあるので、それでなくてもかなり汗かくのに・・・。

さて魚待、まずはトップをペンシルFで流してみると、1投目からカツンカツンと細かいアタリがあるが掛からず・・・やがて見えた姿は案の定細長い、あっち行け!
その後ミノーに替えてみるとやはりダツが絡んでくるのだが、1度だけ体高のある結構デカい魚がチェイスしてきて足元でUターン。
少し緑がかっていたのでたぶんカスミアジだろう、まあ何もいないわけではないらしい。

その後もダツが絡んでくるだけ、最後にポッパーにしても絡んでくるのはダツばかり。orz
しかしまあ、私はダツ避け&実用面から、フックにトレブルは一切使わず全てシングルに替えてあるのだが、これがトレブルだったら日に何本ダツが上がることやら・・・。

なお屋久島のGTが食っているベイトで一番多いのはダツだと以前どこかで見た、まあマジでダツ多いもんな。
たまにダツが何匹も同時に海面ウォークで逃げ惑っているのを見かけるが、あれはGTとかから逃げているんだろう。
ダツ型のルアーでああいうアクションできたら、GTとかイチコロかもなw
腹も減ったので、小一時間で撤収!

前の釣行

・・・ヒラマサ釣れた(嘘は言っていないw)
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング