戦線放棄w



今日は昼前、11時近くになってから魚待へ。

着いてみると・・・あれ、予報では凪なのに、満潮後にしても結構波があるぞ。
波自体はともかく、立ち位置まで飛沫が飛んで来るのが鬱陶しい・・・参ったな、濡れるのは大嫌いなんだよ・・・。

ブツブツ言いながら準備をし、キャストを開始、ヨメさんには1時間で帰ると言ってあるからな。
例によって上層アタックを開始するが、なにしろちゃんとしたミノーが1つも無いのだ、昨日届くと思っていたら、どうやら週を跨ぐらしい・・・orz

しょうがないので、例のリップの折れたミノーをぶん投げ、適当なアクションで引いてくる・・・と、まもなくコツンというアタリ、しかし乗らず。
その後10投くらいの内に、10メートル程先までチェイスが何度かあったようで、1度はUターン時に大きな曳き波を残して僅かに魚体が見えた・・・もう嫌な予感しかしないw

更に数投後、今度ははっきり足元までチェイスしてきてガツン! ・・・がしかし掛からず。
ええ、ええ、魚は例によってメータークラスのブリでしたともさ!
まだいやがるよ・・・まあ昨日の今日だし、そりゃあいらっしゃいますわよねー・・・orz

さすがにブリはもういい・・・食い切れん、とヨメさんに言われているしw、タックルへのリスクが大き過ぎるし、もう勘弁して頂きたい。
替わりに、程よく60センチ位のナンヨウカイワリやカンパチ、オボソ(スマ)とか、80センチ位のツムブリとかさ、そういう平和な魚にいらして頂きたいんだが、どうにかならんもんでしょうかね。
まあとにかく、ブリがいなくなるまで、少し魚待は止めておこうかね、最近磯歩きし過ぎで足も痛いし・・・靴が合ってないんだろうな、ちょっと磯用の靴を新調すっかね。

ってことで、本日は早々に退散!


あ、ブリ釣りたい人に、ここ最近の魚待での高ヒット率な釣り方を書いておきますね。

ここ最近の魚待のブリは、どうやらキビナゴばかり食っているようです、実際に腹開いてみても胃の中はキビナゴばかりでしたし。
色々試しましたが、大き目のルアーにはなかなか食ってきませんし、ジグにもあまり反応しません。
飛び抜けて効果的なのは、9センチ前後、つまりキビナゴサイズの、それも重量のあるリップ付きのシンキングミノーを遠投しての早巻きです。

手近なところでは、サムズに売っている「DUEL ハードコア ヘビーシンキングミノー 90mm 26g」(\980)とかです、ミノー以外なら同サイズのメタルバイブでもいけると思います。
どちらも純正のフックは替えないと一瞬で伸ばされます、どうせ確実に丸呑みされるので、フックはケツだけでいいです、早巻きしますのでバランスとかも結構どーでもいいですし。たぶん。

キャストして着水したら即座に巻き始めます、どうやらヤツらはたいてい上層にいます。
巻く速度は1秒にリールのハンドル2~3回転の超早巻き、たまーに一瞬だけ止め、またすぐに早巻き、の繰り返し。それだけ。
リップレスのミノーは早巻きすると浮いてしまってダメです、かといってスピードが遅いと一気に食いが悪くなり、チェイスだけやショートバイトばかり多くなります。

あと、追って来て足元、岸際で食うことが多いので要注意です、小さくても7~8キロはあるので、そのつもりで。

前の釣行

デカブリだらけ!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング