そして今日も何も無し



今日の朝の釣りは久々に湯泊港。

新年度でチビ共の学年も変わるので大掃除をしたところ、思いの外ゴミが出て、そのゴミ出しついでに湯泊港でイカ釣ってこい、とのお達しである、どうやら在庫が底を尽きかけているらしい。
3月は波風で釣り自体が難しかったし、あの風ではイカなんて特に無理だった、その後は魚待で大物狙いに突入し、イカはここ最近は完全にノーマークだった・・・がしかし、イカが大好物のヨメさんにとって、在庫の払底は死活問題らしいw
でもなー、聞くところによると、イカは最近全然釣れていないらしいんだよな・・・小さいのでいいから2~3匹は釣って帰ってやりたいが、はてさてどんなもんか。

ということで湯泊港。天気がいいので、ヨメチビ共も散歩して後から来るそうだ。
さて、快晴&ほぼ無風・超絶ベタ凪の下、テトラ脇、堤防脇の潮通し他、主だったポイントを見て回ったものの、全くイカの姿無し、むう。
魚の方は、まあベタ凪だし釣れんよなーと思いつつしばらく投げてみるが、ダツのチェイスさえなく、掛かったのは藻と地球だけorz

一度だけ、ナブラと呼ぶには小規模だが、沖合150m位でバチャバチャッと結構大きなブリか何かが数回跳ねつつ右へ行ったが、遠過ぎて射程外。
熊本から親子で釣りに来ていた人と少し話していると、急に南からの風が強く吹き始めた、それからまもなくヨメチビ共が到着し、合流して撤収。


一仕事してから、今度は尾之間へ、ヨメチビ共は図書室、私は尾之間港へ、持ち時間は30分。
再びベタ凪の尾之間港、やはりイカの姿は無し・・・うーん、ヤツらどこ行きやがった?
しょうがないのでミノーをぶん投げてみたらダツがチェイスしてきた、あと沖の方で一度何か結構な魚が跳ねた、もう少し時間を稼いで、女岬に行けばよかったか・・・。


夕方、仕事終了後に晩飯まで魚待で時間潰し。
東側ではいつものおっちゃんが1人でジグを投げている、まもなくBD氏もやって来た。
ミノーを中心に上~中層を流してみたが、ダツが突いてくるだけ・・・ダツ避けのためにミノーのフックを全てシングルにしてあるので滅多に掛からずに済むが、トレブルだったらさぞ大変だろう、ダツがウザいアナタ、シングルに替えるのマジオススメ。
何も反応が無く、そろそろ帰ろうかな、と思ったら、なんといつの間にか東側のおっちゃんが魚を掛けていて、ちょうどギャフで引っ掛けて抜き上げるところだった、遠目だが7~80センチはある青物である、マジっすか。
それを目の当たりにし、更にしばらく粘ってみたが、残念ながら反応なし、諦めて帰宅。

青物の回遊ルートって、どうにか把握できないもんかね・・・結局釣れる釣れないは、ヤツらのいる場所にルアーを投げられるかどうかが8割i以上だもんな・・・。

前の釣行

今日も何事もなし
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング