色々とツイていない・・・



朝、6時半に湯泊港へ。

なんだかここ数日、また魚待に車が多くなっているのだが、どうも釣れる気がしない上、足の裏が痛いので堤防でいいやと。
足の裏は、たぶん磯を歩き回り過ぎて軽く筋膜炎なんだと思う、しばらく磯に行かないと直るのだが、続けて行くとまた痛くなるので、もっと底の厚い靴にした方がいいのかもな・・・。
しかし一番いいのは、やはり素足&サンダルで、堤防か砂浜で爆釣! ですよねー、やっぱw
早く暖かくならんかのう。

さて湯泊港、久々にN父と遭遇するも、まだタンカンの収穫が忙しいらしく、15分ほどで帰って行った。南無。
追い風で外海側に投げやすいのだが、表層中層底ネチネチ、何をやっても反応がない・・・んんん?
しょうがないので内海側にジグを投げてみると、中層で度々何かがコツンと当たってくるのだが乗らない・・・何だ?

どうしても掛からないので、ぶーたれながらイカでもいないかとイカ竿でエギを垂らしてみる・・・と、なんとヒラマサの群れが急襲!
なんでコイツらエギの時だけ現れやがってくれるんですかコンチクショーめ!?
ジグを投入すべく、慌ててエギを回収しようとすると・・・ググン! ギュイィィー!

・・・はあ!?
うがーこのバカチンが! エギに食い付きよったあああー!?

マジかいい加減にしやがれ、イカ用に緩々にしてあったドラグからえらい勢いでラインが出る、潜られて足元の魚礁に擦れたらマズいので、慌てて手でスプールをとりあえずロックして反対の手でドラグを締め込む・・・うごあー、ロッドはジジイのピーよりフニャフニャなMLの6ftなので、当然ながらひん曲がり! うひょー!
まあ見えイカ用とはいえ、ラインはルアーの使い古しだが比較的新しいPE2号だしリーダーはフロロ5号なのでまあたぶん大丈夫だ、魚はたぶん50センチちょっとくらいだし、時間を掛ければなんとかなるか?・・・と思って踏ん張ったら、途端にすぽーんと抜けたorz
見ると、エギのハリが5本ほどひん曲がっていた・・・まああのハリにあの引きじゃ、よほど丸ごと引っ掛かりでもしないと曲がるわなあ・・・。
改めてジグをしばらく投げてみるも反応なし、諦めて帰宅!


夕方、湯泊港へ2回戦。

・・・がしかし、先端まで来てみたものの、アホですかってなくらいの逆風、つまり東~南東の風で、しかも風がかなり冷たい!
風上に向かってまっすぐ投げようかとも思ったが、風が冷たく強いため、目の大きい方な私は涙ちょちょ切れ状態、しかも飛ばん、やってられんので1投で止め!
仕方ないので内海側に斜めに投げると、1投目でガツンとヒット・・・ダツがorz

大きくはないので適当に引き抜いたが、リーダーが傷だらけになって、少ないやる気がさらに半減。
その後数投するも、明らかなダツのアタリばかりでさらにリーダーに傷が入り、15分ほどで諦めて撤収・・・来るんじゃなかったorz

堤防を戻る途中、テトラ脇を覗き込むと・・・お、イカ発見、しかもデカい、ありゃあ400グラムはあるな!
早速ホイホイしてみると、デカいイカの他にちんまいイカも1匹寄って来て、一緒にエギを突付き始めた・・・おいおいおい、オマエはあっち行け、邪魔すんな!
・・・と思った途端、小さい方がエギを抱いた・・・なんでこうなるー!?

案の定小さい方が墨を吐き、大きい方は逃げて行った・・・。orz
結局、200グラムも怪しいイカ1匹だけをぶら下げ、ぶーたれながら帰宅・・・。

前の釣行

やっと釣りに行けるも獲物無し
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング