焼き魚は確保



今朝はそんなに寒くなかったので、久々にちゃんと日の出の少し前に湯泊港へ。

さてナブラでも起きんかな、と期待しつつ先端へ進むも、海の様子には特に変化らしい変化はなし・・・うーむ、マジでナブラ見なくなったな、もう何ヶ月見てないやら、である。
まあいいや、とにかく投げてみよー、と、西寄りの風に乗せて数投、反応なし。
すぐに風が北寄りに変わったので、風を背に受けるように南側へキャスト、着底寸前にジャーク3連発・・・ゴン! うらっしゃー!

なんか知らんが魚が乗った、まあ40センチあるかないかくらいかなー、って、この引きは回遊魚じゃないな、でもハタやオジサンでもない、ヘイケ(キントキの類)っぽいな?
ホウセキキントキ 適当に寄せてみるとやっぱりヘイケ、40センチまではないが35センチ以上はあり、ヘイケとしてはなかなかの大物だ、コイツの焼いたのは長女の大好物なんである。

振り子殺法で堤防の上にランディングし、水を汲んで首ポキ&血抜き、その間に次のキャスト、そして着底寸前のジャークにまたゴン、しかし一旦掛かったが10秒ほどで外れた・・・ちっ。
しかし、結構沖だがあの辺にヘイケの付いている根があるらしいなー、と思っていたら、回収中にガツンとダツが当たってきてソフトミノー持って行かれた・・・迷惑な・・・。

次のキャストでも同じタイミングでゴン、しかしまた5秒ほどで外れた、そして中層でまたダツがガツン、ソフトミノーのシッポが千切れらた・・・。
面倒なので、千切れたシッポのままキャストすると、やはり最初の連続ジャークでゴン、今度は無事寄せて再びヘイケ、30センチくらい。

しかしここで時合が終わったのか群れが移動したのか、以降はダツが当たってくるだけになった。
日が高くなってきて天気もいいようなので、魚が痛む前に撤収用意をし、イカを探しながら転進開始。
段差のところまで戻るとイカが2匹見えたのでホイホイしてみたが、どうにも全くやる気が感じられず、完全にスルーされる。
諦めて行こうとすると、岩場の近くでキビナゴがパチャパチャっと跳ね、銀色の魚影がギラギラっと見えたので、イカ竿のエギを外して小さめのジグを付けてキャストし、少しフォールさせよう・・・とした途端にジグを引ったくられた、んう?

とにかくフッキングを入れたが竿がフニャ○ン過ぎてジジイの【ピー】の方がまだ気合が入ってるってな具合で、案の定すぐにフックアウト・・・と思ったらまたガツン! うおらー!
今度はしっかり乗ったっぽい、おーなんか知らんが元気だのう、大きくはないがこのロッドだとなかなか面白いわい、メアジか何かかな・・・と思ったら、なんとメッキだった。
ゴリゴリ巻いて抜き上げてみると25センチ位、いやーライトのフニャ○ン竿だと楽しいのう、とにかくアジ系は次女の大好物なのでキープ。
残念ながら以降は続かなかったので、そのまま帰宅。

って、まさかメッキがいるとは思わなんだ、40センチ超えると油が乗ってかなり旨いので、次から少し岩場近くも探ってみよう。

前の釣行

イカとヒラマサにバカにされまくる
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング