オジサンしか釣れんorz



朝、とりあえず湯泊港へ。
魚待は、ここ最近は誰も来なくなったので、よほど釣れないんだろうな・・・ってことで、どうせ釣れないなら楽な堤防の方がいいじゃんという考えであるw

で、先端部でしばらく投げてみたが、案の定これといった反応なし。

ふうむ、では最終兵器を投入するしかないな・・・ってことで、3本だけ持ってきたゲソを取り出すw
そう、最近釣ったイカのゲソである、こいつをワームとかの替わりにキャロライナリグやジグヘッド等に付けて底をネチネチやるとめっちゃ釣れるのだ。
イカゲソはそう簡単には千切れずにたいてい1本で数匹は釣れるし、さっと水洗いしてキッチンペーパーで水切りしてそのままペーパーに包んで持ってくればあまり匂いもしないし手もほとんど汚れない上、多少時間が経っても少々暑くてもグチャグチャにならないので、マジでおすすめだ。

アクションは、着底→リフト→フォール→着底→リフト、を繰り返すだけ。
確実に何かを釣りたい人、これで何も釣れなかったらよっぽどですぜマジで。

なおアクションとかいってもエサはエサなので、怪しいアタリがあったら停止してしばらく待のもアリだし、もちろん置き竿でも釣れる。
ここを読んでるような、さぞいい加減であろうアナタにもきっとピッタリだ、ぜひお試しあれ!

ってことで、リーダーの先のスナップに10号のオモリと、用意してあったサルカン付きの20センチほどのハリス&ハリをセットし、ハリにゲソを付けてゲソング?開始!w
オジサン 1投目からアタリ、30センチ位のオジサン、さようなら。
2投目、30センチ位のオジサン、さようなら。
3投目、30センチ位のオジサン、さようなら。
4投目、30センチ位のオジサン、さようなら。

・・・うがー、オジサンしかいねーのかよ!

まあしかし、ルアーではなかなか釣れなくても、ゲソでならこんな調子で釣れてしまうのだ、まあ根魚限定ではあるが。
結局オジサンしか釣れず、腹も減ってきたので、残ったゲソを物欲しそうにこちらを見ていたイソヒヨドリにくれてやって撤収!


家に戻って朝飯を食べ、軽く一仕事やっつけて、天気もいいのでヨメさんと散歩がてらに「オオビヤ」へ。
ここ、森の中を海へ抜ける小径はいい散歩道なんだが、岩場に出てからが大変なのがちょっとなあ・・・。

誰もいないので、あちこちを探索しつつペンシルF・ポッパー・ミノー等で表層~中層を探るが反応全く無し・・・うーん。
ここは大崎川の河口を挟んだ魚待の対岸になるんだが、どうも上げ潮下げ潮でヒラスズキがどちらにいるかが変わってくるっぽい、ちょっと要状況分析だな。

仕方ないので底を探ると、まーたオジサン連発・・・orz
ヨメがヒマそうだし腹も減ってきたしで、11時過ぎには撤収!


ところで、釣り場への道の途中にある放棄された水場?に、デカい犬かなにかの腐乱ピーがあった・・・犬ならこれぞフランケン・・ってやかましいわ!w
いやアレはマジ勘弁してくれ、既に凄い悪臭だし、水に漬かってるので余計にえらいことになるだろう、あれじゃ当分近寄れんわ・・・うーん、役所に電話したら何とかしてくれるのかいのう?
→電話して場所を案内したら鹿の死体だった・・・ちょっと検討してどうにかするとのこと。

前の釣行

またイカだけorz
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング