またイカだけorz



今朝も早朝はスルーして、朝飯の後で湯泊港へ。
ここのところの朝夕は、ちょっと私には寒すぎである・・・しかもずっと風が止まない、マジでそろそろ勘弁して頂きたい。
私は気温が15度を下回るとそれだけでバイタルサインが急速に低下していくのに、風で更に体感温度が低下とか、もう戦意喪失モノである・・・しかもなんだか寒さに対するストレスのためか口内炎までできやがって痛いぞコンチクショー!

そんなこんなで最近は、日が高くなって少し暖かくなってきてから出撃というのがパターン化してきている・・・当然釣れる可能性は大幅ダウンだが、寒さに震えて多少釣れるよりも、釣れなくても暖かい方が、まだ精神的にだいぶよろしい。

ってことで湯泊港。
昨日と同じ場所でイカ発見、そーれホイホイ・・・はい抱いたぜヒャッハー!
しかし幼女なのでさようなら。

先端へ行きざっと見て回ると、内側角の底近くでイカっぽいものを視認、そーれホイホイ・・・おっしゃ抱きよった、やっぱりイカだったぜヒャッハー! ・・・あん?
アオリイカ 見えイカとしてはなかなかいいサイズで、目の前で落とした日にゃあヨメさんなら泣き崩れるなこりゃw ・・・がしかし、ゲソ1本しか掛かっていない・・・やべえ。
コイツは是非ヨメさんに献上したいので、固定の落としダモを使って無事確保・・・なおイカの抵抗と波&風のため網入れに手こずりまくり、10分位掛かったのは内緒だw

イカ掬いで気力の大半を使い果たし、その後ジグを5投くらいしただけで、イカが干物になる前に撤収。


家に戻ってイカを冷蔵庫にしまうと、ヨメチビ共は最近開拓した海を見下ろすのんびりポイントへ遊びに行くという。
・・・うーむ、そこの下は非常にいい釣り場なんだが、下りるのがマジで大変なんだよな、既に今日のやる気は枯渇気味だぞ・・・。
じゃあこっちは暢気にダラダラと魚待にでも行きましょうかね、ってことで別行動、連中を見送り、磯セットを持って魚待へ。
さて魚待。
トップでポッパーを遠投、反応なし!
ミノーに替えたら、3回ほど巻き終わり近くでカツンという小さなアタリがあるが乗らず、ヒラスズキかいな、特にサラシらしいサラシは無いんだが・・・。
ペンシルFに替えて怪しい辺りを探ってみると、右側の岩陰から70~80センチの魚体が飛び出してペンシルに下からアタック!

ヒラスズキ:「しょーりゅーけん!」 チュドーン!

私:「ほいさっさあ!」

・・・ペンシルが宙を舞っただけ・・・orz

あーもうコンチクショー、おめーら捕食セミナーでも受講してきやがれ!
以降は反応もなく、東側の釣り人の様子から青物も望み薄っぽいので、とっとと撤収!


昼寝でやる気をチャージし、夕方、湯泊港へもう一度・・・がしかし、寒い!
帰ろうかとも思ったが、気力を振り絞って先端まで行き、30分だけ投げて帰ることに。

20分経過・・・あーもう寒いし、反応無いし、これ最後にして帰ろう、とフルキャスト・・・ファッ!?
彼方でルアーが着水したのと同時に足元がギラついた、なんとツムブリの群れが真下に来襲・・・テメーら空気嫁!
うおおおー! と雄叫びながら、よりによって追い風に乗って100メートル以上ぶっ飛んたジグを鬼巻きで回収、しかしルアーが戻ってきた頃には群れはどこへやらorz
・・・なんかこの、飛ばしてる時に足元に来るパターンっての多いよなー・・・。

10分程投げて探ってみたがうんともすんとも無し、ふてくされて撤収!

前の釣行

結局イカだけ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング