ダツにバカにされまくる



やっと風が収まったので、6時半に起き出して湯泊港へ。
磯はまだ少し波がありそうなのに加え、潮位が高くなってくる時間帯なため敬遠。

さて先端部、おお誰か好き者が釣っている・・・って、N父だった、ちょうど帰るところで入れ替わり、獲物は無いそうだ。
では気合を入れてキャスト開始・・・がしかしダツが突いてくる以外に反応なし。

しょうがないので、足元の沈みテトラというか魚礁のすぐ向こう側の底近くを重点的に探ると、例によってたまにゴンと当たるが掛からない。
ふうむ、それでは、とグラスミノーに替えて探ってみるとまもなくガツン、フッキングを入れると今度は掛かった。

ホウセキキントキ よっしゃー、まあ元気に引くがそんなに重くはないしヨスジフエダイかなー、と思って浮かせてみると、黄色ではなく赤かった、ヘイケさん(ホウセキキントキ)である。
吸い物用にヘイケさんを血抜きして、もう何匹か釣ってやろうと同じ辺りを探ってみるとまた何か掛かった、がしかし激軽。これはアレか。
案の定の10センチちょっとのエソ、まあ当然ながら、お前は今からエソではなくエサだ!w

ってことでエソをセットし、泳がせ釣り開始!
ドラグを緩々にし、あまり底に潜らないように小さな浮き玉を1つ付けて中層を泳がせていると、まもなくピコピコ暴れ出し、更にジイィーとラインが出始めた・・・がしかしラインの出方にスピードがない、これはアレっすかね・・・。

まあとにかく、ロッドを寝かせてドラグを素早く締め込み、思いっ切りアワセを入れるとしっかり乗った、がしかしあまり泳がねえ・・・。orz
ぶーたれながらゴリゴリ寄せると案の定細長い、チクショー!
足元まで寄せ、ロッドを真下に向けて水面から浮かせ、振り子ランディングで堤防の上にランディング、このダツ野郎め、長さは1メートルくらいだが無駄に太い、あー腹立つ!w
せっかくの一口サイズのナイスなエソだったのに・・・ぶーたれながら撤収!


一度家に戻って朝飯を食べると、ヨメさんが湯泊に散歩に連れて行けというので、今度はキビナゴを持って2回戦。
先程の辺りを、ウキ下を7メートル程にしてヘイケ狙いをしてみるが、ウキは沈むものの空振り連発・・・Why?
しかしやがてやたらと勢い良くウキが沈み、思い切り合わせを入れるとドスンと何かが乗った、ヒャッハー!

私「っしゃー、なんか掛かったぜ、結構重い、底の方だしハタとかかもな!」
ヨメ「わー、頑張ってー!」

・・・がしかし、浮かせてみると細長え・・・朝のと同じ位のごん太ダツだった・・・隣でルアー投げていた兄ちゃんも苦笑い。orz
ちくしょー、なんでそんなに底の方にまでいるんだよ、貴様は表層要員だろが! 帰れ!

ここで突如便意をもよおし、急遽の撤収!
締まらねー!

前の釣行

激風
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング