激風



予報では風が強いというのに、早朝から無謀にも湯泊港へ。​

というのは、昨日のイベントの時にT氏から「昨日カンパチ4匹突いたぜ!」と聞いたからである、やはり先端方向対岸の岩場近くだったらしい。
そんなわけで、気合を入れてダイペンとデカ目のジグを持ち、釣る気満々で出陣である。

がしかし。

着いてみると、思った以上に風が強い、いや強いなんてもんじゃないぞ、マジっすか。
いやしかし風は西風、つまり追い風である、重いジグでこの強風なら、100メートルなんて余裕で射程距離だぜ、とポジティブに考えて先端へ。
まずはダイペンを10発ほど投げてみることにする、なにせトップで出ればこっちのもんである。

・・・がしかし、マジで風が強い・・・基本的に10メートルくらいの風が吹き続けていて、たまに15メートルくらいになる、みたいな。
恐ろしくて堤防際から数メートル離れてのキャストであるが、ええ、そりゃあびっくりするほど飛びますとも! ・・・まあ風下に向かってしか投げられんが。
がしかし、ダイペンには反応なし!

じゃあ次、ジグ逝ってみます!
それはもうメチャクチャ飛ぶ、しかし超ロングキャストになる分、長く出たラインが風を受けてうねり、ジグの沈みを狂わせるらしく、特に風が強まった時は着底がよくわからん。
しかも途中から更にブーストが掛かったような突風が吹くようになり、思わずしゃがみ込んだりして、もう色々とメチャクチャである。
オジサン それでも、着底したのか何だかわけわからん内にオジサンが1匹釣れた、さようなら。
うん、もう無理。
30分ほど頑張ってはみたがもう無理だ、尻尾を巻いて撤収!

堤防を戻る途中に風は更に強まり、扇風機がなくても我々は宇宙人だ、ができる状態・・・誰だこんな日に釣りをするバカはw

前の釣行

まあイカは3匹引っ掛けた
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング