釣りではない、日向ぼっこだ!



朝起きると、予報通りに天気がいい。うむ。

今日はここしばらくの忙しさの憂さ晴らしのため、釣れるかは二の次で、のんびり湯泊港で日向ぼっこすることにして、朝飯の後一休みしてからでのんびり出発。

着いてみると幸いにも誰もいない。
がしかし、満潮前、快晴、ベタ凪、僅かな追い風、やたらめったらキビナゴだらけ・・・うん、最高の天気ではあるが、釣れる気はしないなw

まあいいや、今日は保養だ、ということで先端へ行きキャストを開始してみると、案の定アタリらしいアタリ無し。
というかだ、キビナゴがマジで凄いのだ、港の最奥の船溜まりにまで入り込んでいて、堤防の内側も外側もビッシリである、冗談抜きで投網投げたろかと。
これだけキビナゴがいると流石にルアーを食わせられる気がしないな・・・と思っていたらガツン! がしかしダツ・・・ですよねー。

たまにダツが当たってくるだけで2匹水揚げしたが、それらしい魚の陰はない・・と思っていたら、突然キビナゴの群れがバッと光り、大きく乱れた。
見ると、どうやらヒラマサらしい50センチくらいの魚が2匹、キビナゴの群れの中を猛スピードで走っていく、おお、久々に青物を見たわい!

まあそれでも、このキビナゴの量じゃあ釣れんよなー、とか思いつつ、中~上層を早めのピッチで引いてみた数投目・・・ゴン! 
うおっしゃ来やがったこの当たり方はダツじゃないぜフッキングそーれドスンよっしゃ乗ったぜヒャッハー! (0.8秒)
・・・あれ。
・・・・・・。orz
シクシク

アオヤガラ ぶーたれながら寄せると案の定の悪魔の杖ことヤガラちゃん・・・ちくしょー期待させやがって!
しかもフックを外すのにヤガラ汁で手がヌルヌルになり、ただでさえ最近枯渇気味のやる気を大幅にLost。

ブツブツ言っていると友達と買い物に行っていたヨメさんから電話があり、近くで降ろしてもらって今温泉の辺りにおり、のんびりこちらに歩いているという。
ヨメさんを待つ間、更にしばらく投げてみたが、また足元近くでダツが突いてくるだけ。

ヨメ「お待たせー、いい天気ー、気持ちいいー・・・って、キビナゴ凄いね!」
私「まあお陰で釣れんけどな・・・って、久々にヒラマサ見たぜ、しばらく前に2回ほど足元を通っていった」
ヨメ「え、いいじゃん、でもこの時期のヒラマサってお刺身じゃあんまりなんだよね、軽く干して焼くのがいいのかな?」
私「・・・ヒラマサ干したらN父に怒られるw」(去年干したら愕然とされたw)
ヨメ「じゃあ塩麹でw・・・まあ、食べ方の心配は釣ってからでいいよ、はい頑張ってーw」
私「こんなにキビナゴだらけなのに、わざわざルアー相手にしてくれますかねぇ・・・」

更に30分程投げてみたが、案の定ダツ以外のアタリ無し、正午のチャイムで撤収!


夕方、ちょっとだけ魚待へ行ってみたが、ダツが2本掛かっただけ!

いや、本当に最近釣れんのう・・・。

前の釣行

なんか忙しい!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング