パッとせん



朝、寒いというのに6時半に湯泊港へ。
まあ天気は回復したし、日が差してくれば暖かくなるだろう。

誰もいない先端部、うむ、なんだか潮目が近いしいい雰囲気である、制限時間は1時間、早速キャスト開始!

(1時間経過)

・・・ダツのアタリさえ無いんですが・・・orz

おいおいおい、この時間帯にこれだけ探りまくっても何も無しって、どうなってやがる!?
まあとにかく時間切れだ、ひとまず撤収!

チビを送って朝飯を食べ、一仕事してからヨメさんと再び湯泊港へ。
あまりに釣れないので、足元にやたらわらわらしていて、回収時にソフトミノーを齧ってくれるソウシハギを釣ってやろうとゲソを持って来た、ついでにキビナゴも5本ほど。

日向ぼっこをしつつ本を読んでいるヨメを尻目に、カワハギを狙う・・・が、チョウチョウウオの大群が邪魔をして、戦いは困難を極める。
それでもやっと掛かったぜヒャッハー! ・・・と思ったら数秒で外れたorz

ゲソは3本しか持ってきていなかったので早々に終了、キビナゴで底を探る、ハタは・・・無理だろうなー。
大き目のヨスジフエダイでも掛からんかなー、と思いつつ探っているとゴゴン、締まりのない引きは30センチ位のオジサン、さようなら。
その後もオジサンが2匹掛かっただけでエサ切れ、撤収。イカも見当たらず。



夕方、30分だけ魚待へ。
おっしゃー、来いやカンパチ! オボソ(スマ)でもいいぞ!

(略)
ダツ2本のみ!orz
撤収!


・・・なんかパッとせんのう・・・。

前の釣行

話にならず
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング