何やってんだか・・・



朝、9時過ぎにヨメさんと尾之間へ買い物に出掛けた、フェリーが欠航したらしいので、商品がある内に買っておこうという意図である。
さっと買い物を済ませ、本を借りたいというヨメさんを図書室で降ろし、尾之間港へ。ヨメさんは本を借りたら散歩がてらに港まで歩いてくるという。

さて尾之間港、今日は誰もいない、そしてなんとほとんど風がないぜヒャッハー!
しかし、またイカ釣れんかなーと一通りチェックしてみたものの、今日は全く見当たらず。ちっ。

しょうがないのでルアーロッドに持ち替え、例の新兵器を外海側へキャスト、まあここは魚はほとんど釣れないので、ヨメさんが来るまでの暇潰し・・・ゴン!
・・・うそん、大きくはないが初っ端からなんか掛かったぞおいw

これまでにここで釣れた魚なんて、小さなギンガメアジのメッキとオジサンだけである、あんまり引かないしオジサンかなー、と思っていたら、魚体がギラリと光った、回遊魚らしいぞマジっすか。
コリコリ上げてみると、なんとナンヨウカイワリ君である、まあ30センチもないけど、こんなところでも釣れるんかいキミは。

ナンヨウカイワリ まあ微妙なサイズだしリリースだな、と思ってペンチを取ろうと振り向くと、そこにヨメさん登場・・・あー残念だが、キミは食われることになると思うw
ナンヨウカイワリはハタと並んでヨメさんの大好物なのだ、リリースなど許されないだろうw

ヨメ「何釣れたの?」
私「ナンヨウカイワリだ、小さいけどな」
ヨメ「やったあ!」
私「えーと・・・食べる?」
ヨメ「もっちろん!」
私「ですよねーw」
ってことで、カイワリ君を〆て血抜きしている間に、もう数投同じ辺りを探ってみるも反応無し。
以上、帰宅!


昼飯後ゴロゴロしていると、なんだか「バンジョへ行け、さすれば釣れる!」という神託が下ったような気がしたw
よっしゃやらいでか、と用意をして行ってみるものの、崖上から見ただけで大荒れで明らかに無理じゃねえかふざけんな!w

しょうがないので、JRホテル下の女岬に行くことにする。
着いてタックル全てを左手で持ち、右手でロープを掴み、凶悪な崖をホイホイ下る・・・ここはマジで危ない、ちょっと滑るといきなり全体重をロープだけで支えることになるので、いざそうなると非力な人ほど危険だと思う。

さて釣り開始・・・と思って足元を見ると、瀬際に70~80センチはある赤い魚がいた、マジっすか。
すぐに潜って行ってしまったが何だろう、赤くてあの大きさ、スジアラかバラハタかバラフエダイか、それともタキベラあたりか?
とにかく足元から探ることにして1投目、反応無し・・・と思ったら、ルアーをまさに水面から抜き上げる瞬間に、40~50センチの、やはり赤い魚が飛び出してガツンとバイト! ・・・しかし掛からずorz
ちくしょー何なんだ、バカにしてんのか!

その後キャストを続けると、何度かガツン、ググン、と時々アタリはあるのだが、フッキングを入れても掛からない・・・ダツだなこりゃ。
挙句の果てに、干潮から潮が上げ始めるとやたらとゴミが引っ掛かってくるようになった、ちょうど逆光で海面が光ってよく見えないので、どうにも避けようがない。
2回ゴミが掛かり、またグンッと重さが掛かった・・・orz
ちくしょーまたかよ・・・と思いながら、ロッドを少し立てて重さを確かめてみると・・・ゴンゴンゴン、ギュイ~ン!

ちょw 魚だったww しかもダツじゃないっぽwww
・・・と思った途端にフックアウト・・・ですよねー、完全にゴミだと思ってフッキング入れてなかったしorz

時合はそこで終了らしく、それ以降アタリが全く無くなった、寒くなってきたしとっとと撤収! ブーブー!

前の釣行

イカ1匹だけ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング