カスミアジのチビがばんばか釣れました



連休最終日は雨。
朝、行けそうだったら行こうと思っていたが、雨の音で二度寝して、昼過ぎまでゆっくり仕事他。

2時過ぎに、なんだか雨が小降りなってきたので、空が明るい原方面へ向かってみた。
尾之間の手前までは雨だったが、原に入ると雨が上がったので、原港に行ってみる。

・・・おおお、すげえ波! なんで?
海面から8メートル位ある堤防の先端部を、波飛沫がドッパンドッパンと超えている、こりゃあ先端部は全く無理だ。
先端部手前内側の、足元が岩場になっている辺りまで行こうかと思った・・・が、ぐるーっと歩かないとといけないので面倒だ、パス。

ああもういいや、と、港内側に突き出した突堤から、港の入り口方向に向かって投げやりにキャスト。
何も釣れん、というか逆風で飛ばないし、ラインが横に流れるしで話にならず。
仕方ないので、左へ方向を変えるも反応無し。

あーもう帰るかー、と、右、港の内側方面にヤケクソで投げたら、すぐにゴン!
あれ、引っ掛かったかな? と思ったらなんか引いてる。
小さいので、おりゃおりゃーと巻いて寄せると、ギラリと光る魚体。
おおエバ(メッキ)だ、おまいらそっちにいたんかい。

カスミアジのチビ 抜き上げてみると、おお、背ビレ腹ビレが青く、お手々は黄色。カスミアジのベイベーじゃないか。
20センチ位しかないので、50センチ超えたらまた来い、と、しつこく言い含めてリリース。
もう少し大きいのいないのかなー、と同じ方向に投げると、またゴン!
またカスミアジのお子様である・・・なあ、父ちゃん母ちゃんはいないのか?

その後、3キャスト2ヒット位の調子で7~8匹釣れたが、全てカスミアジのエバ。
全部同じような大きさだったので、釣れる度にリリースしていたら、結局手元に魚は残らなかった。

まあいいや、大きくなったらまた遊んでくれ。

前の釣行

オジサンは釣れた
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング