やっと釣りができる



やっと狂ったような風が収まった・・・もうマジで風と寒さは勘弁して頂きたい。
まあとにかくやっと晴れた、しかしまだ波が残っているので、朝食後に無難に湯泊港へ。
なお今日からチビ共は冬休みである、朝夕の送迎も無いので、しばらくはヒャッハーだ!

え、腰は大丈夫かって?
荒天で2日も家でゴロゴロしてたんですもの、とっくに治っておりますさw
こんなもん、タンパク質多めに摂って寝てりゃすぐです。

着いて堤防を進む・・・あれ、イカが全くいないな、海が荒れてどこか行ったか。
まあしばらくすればまた戻ってくるだろ、と先へ進む・・・はずが、ここで突然の便意!w
Uターンして尻に全ての力を込めて車に乗り、温泉のトイレへ急行、事なきを得る。

堤防に戻って先へ進む、西風があって沖へは投げにくいので先端へ行きたいのだが、先端にはフカセの先客がいるので、まず岩場近くを新兵器で探ってみると2投目でゴン、しかし軽い・・・まあこれはアイツだな。
案の定のエソを回収。

私「よし、今からお前はエソではない・・・」
エソ「もう聞き飽きたw」

エソを泳がせ仕掛けにセットし、先客の邪魔にならない先端部の内側へ行き、軽く投げて泳がせる・・・うーむ何も反応ないな。
この内側角の足元には、明らかにデカいハタか何かが住み着いていて、小物をリリースした途端に食われたことが何度もあるのだが、まあ真っ昼間には出てこないか。
何か青物でも来ないかなーと10分くらいぼーっとしていると・・・お?
たぶん5メートル程下を泳いでいるエソのいる辺りに大き目の魚影が近付いて来る・・・お? お?
とりあえず戦闘配置、足元を固めて待機・・・ゴン! おお来よった、そのまま竿先を下げて一呼吸待つ・・・重さが乗った、よっしゃ、ここで思いっ切り大合わせ!

ゴン!
よっしゃ手応えあり、しっかり重さが乗った!

・・・あれ? 走らないな?
いやそこそこ重いし多少は引くけど、青物でも根魚でもないっぽい・・・ということはアレか・・・。orz
ゴリゴリ浮かせてロッドを下に向け、更に巻き上げて宙ぶらりんにし、左右に振って反動をつけ、堤防の上にランディング。

ヘラヤガラ 魚「よっ、毎度っ!www」
私「・・・テメェ・・・」

あーもうコイツいい加減にしやがれ!
なんなんだ毎回毎回・・・エソ外れちまったじゃねーかコンチクショー!
フックを外してラッパ口を持ち、超電磁スピンを掛けてリリース!

相変わらず先端中央には先客が釣っているが釣れている様子はないし、ラッパ野郎のせいでやる気も萎えたので、さっさと片付けて撤収!

午後、もう一度湯泊港へ。
先端ではまだ朝の先客が釣っていたが、堤防を進んでいると、どうやら終了のようでこちらへ戻ってきた、ナイスタイミング。

さて、先端で追い風に乗せてミノーをぶっ飛ばす・・・反応無し。
よしでは新兵器を投入だ・・・がしかし、日が陰った上に風が強まって寒い、何だよ朝よりもだいぶ寒いぞ。
やがてBD氏がやって来た、午前中山ノ瀬に行ったそうだが全然だったとのこと。

寒さと、海が荒れた直後は釣れないという経験則から気力が萎えてしまったので、素直に諦めて撤収!
帰りもやはりイカは見当たらず。


ところで、平内魚待にサメが居着いているらしい。
うーむ、あそこはこれからが本番なんだが・・・今年はサメ退治するんだろうか?

前の釣行

しばらく釣りを自重するべきか・・・
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング