気合を入れるも空回り



今朝は​気合を入れて、寒いのを我慢して薄暗い内から湯泊港へ・・・そう、カンパチをとっちめるためである。​
前シーズンは、ほぼ確実に2回、恐らく3回掛けて全てブチ切られている上、ついに仕留めたと思ったらブリだった、まあ1メートル近くあったけど。
とにかく、このまま黄泉路は逝けぬ、今シーズンこそは釣り上げて恥ずかしい落書きして写真を撮った上で鍋に突っ込んでやるぜコンチクショーめバーカバーカ!

ってなわけで、まずはダイビング・ペンシルでスタート・・・しかしあちこちへ10投程してみるも反応無し。
続いてポッパー、ミノー、共に反応無し!
この間に明るくなってきたが、その間にナブラ他魚の動きは全く見られず・・・まあ、そう簡単にはいかんよなー。

前のシーズンには、まずメアジの群れが入ってきて、それについてブリとカンパチが入ってきて、朝夕は遠目ではあったが毎日のようにナブラが起こっていた。
まあまだそういう時期ではないし、そもそも今年は青物の周りがかなり遅いようなので、気長に待つしかないか。
とにかくなるべく毎朝、まずはダイペンを10投くらいしてみるようにしよう。

さて釣りの方。
諦めてジグを付け、フォール多めのゆっくりアクションで探っていると、数投目に足元近くでグンッと何かが掛かった、うお、結構重いぞ?
引きはそこまでではないのだが結構重く、ロッドを立ててもなかなか浮いてこない、手応え的には少なくとも40センチ以上のハタかフエダイあたりか?
それでも徐々に浮いてはくるので、ゴリゴリ引っ張り上げると・・・あ。

ホウセキキントキ 30センチ位のヘイケ(キントキ)のアタマにフックがスレ掛かりしていた・・・ちくしょう、期待させやがってorz

首ポキ血抜きをして続けるも、あとは小さいオッサンが掛かっただけで時間切れ!
なお潮位が低すぎたためかイカは見当たらず。

前の釣行

ヤツらが来た
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング