1投で心をへし折られる



​今朝も余裕で寝過ごし・・・ダレてるな俺w
しかし今日は東風が強そうなので、朝飯の後で満潮に合わせて栗生に釣りに行ってみようと思っていたのだ。

私「ふー満腹じゃ。9時過ぎに釣りに行くわ、昼には戻るからなー」
ヨメ「え、大川の河口? 私も行く!」
私「」
次女「私も行くー! あ、Qちゃんと遊ぼうって行ってたからQちゃんも行けるかなあ?」
ヨメ「じゃあQ母に電話してみるねー」
私「」
ヨメ「あ、もしもし、Q母? あのねー・・・うん、うん、じゃあ9時に迎えに行くね!」
長女「私はゴロゴロしてるー」←風邪気味
ヨメ「良かったねー、Qちゃんも来るってー!」
私「」
次女「やったあ!」
ヨメ「9時に迎えに行くって言っておいた!」
私「・・・はい・・・」

・・・1人でしっぽりとヒラスズキをいてこます計画だったのが、ヨメ&次女&次女の友達&その母ちゃんまで引っ付いてきたでござる・・・。


そんなこんなで、やって来ました大川河口。
満潮近いせいもあってか結構波があるが、この辺は昨夜は雨は降らなかったらしく、石も流木も乾いている。
とりあえず皆で薪を集めて着火、せっかくだし焼き芋でもしようと芋を持って来たのだ。

適当に火加減見てて、熾になったら芋突っ込んで熾に埋めとけー、と言い残し、女共を置いて、まずは浜の右側の沈石周りを攻めるべくペンシルFをセットし、釣り開始。
1投目、干潮時には顔を出すが今は水の下になっている沈石の向こう側までキャスト。

着水、うむ予定通りのポジション、数秒待つ。
まずは少し強めにポッピングさせて・・・バチャン!
ファッ!?
いきなりの水面爆発! マジか!
しかしフッキングは空振りでルアーはフリーだ、そのまま更にポッピング気味に強めのアクションを数回・・・。

チュドーン!

来やがった、そして魚影が見えた、確実にヒラスズキ、しかもデカい、70センチ以上はある!
一瞬待ち、重さが伝わってからフッキング、ズシリとした重量感が伝わってきた、よっしゃ!

ロッドが曲がりファイト開始、魚が走り始めたが引きは想定の範囲内だ、よーし、まずあの石を躱さないとな!
魚は都合良く河口側へ走り始めた、よっしゃ、テンションを維持しつつ、このまま少し・・・ん?

は?

・・・あれ?

・・・・・・外れたー?
っていうか魚どころかルアーの重さもない・・・ラインブレイクだとー?
一体何がどうなった!?
呆然としながらラインを回収してみると、リーダーが刃物でこそぎ落とされたかのように斜めに切れていた。
え、掛かってすぐだったし、エラ洗いとか食らってないぞ!?

・・・たぶん走り出した時点で既に、運悪くエラにリーダーが掛かっていたんだろうな、そうとしか考えられん。
そしてリーダーの切り取られた長さから、改めて魚体の大きさが判った。

うおー、とにもかくにもツイてねえ、逃した魚は大きい上に高価なルアーをロスト!
しかしそれよりも、お魚さんのルアー外れてやってくれ!

わずか1投で大物を逃し、心理的にも懐的にも手痛いダメージを喰らい、戦意喪失orz

オナゴ共の所へ戻ってぶーたれながら芋を焼き、難有りレベルまで短くなったリーダーを結び直す気力も無いので、リーダー無しでもあまり問題無い弓角を投げてみることに。
しかし15分ほど投げてみたものの全く何の反応も無く、既に折れていた心にカビが生えてきた。

まあ満潮潮止まりだし、潮が下げ始めるまで芋でも食って一休みしつつ、リーダー結び直すか、元々潮の下げ始めを狙って来たんだしな・・・と思ったら、Qちゃんが突如XXXX、急いで帰るよー、と・・・。

・・・以上、俺の心は朽ち果てましたさ!
ええ、もちろん帰って昼からビール飲んでフテ寝ですとも!

以上、めでたしめでたし! チックショ~!

前の釣行

計画倒れ・・・
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング