まあオカズはGET



朝起きて、薄暗い内から湯泊港へ。
ヨメさんが魚が食いたいというので今朝はキビナゴを5匹持ってきた、さすがにイカは飽きてきたらしいw

ってことで、まずはキビナゴを付けて足元に垂らしてみるとすぐにゴンゴン来た、アワセを入れるとそこそこ引く、上がってきたのは30センチちょっとのヘイケことホウセキキントキ氏。
うん、こいつを釣ってこいと言われていたのだ、この魚にしてはなかなかいい型なのでバッチグーである。
速攻で首ポキ血抜きをして再投入するが、2本目のキビナゴはオジサン、3本目はイスズミ、4,5本目は明るくなって湧いてきたチョウチョウウオに食われ、終了。

その後15分ほどジグをぶん投げてみるが、掛かったのはダツのみ、そうこうしている内に時間切れ。
薄明るい内から来たとはいえ、7時半までに家に帰るとなると、堤防の行き来を差し引くと実釣時間は40分くらいしかないのだ、マジで厳しいのう・・・。
今日は朝飯の後ドラモリに行かにゃならんのだ、しかしサムズで頼んだドラグノブが入荷されたそうなので、これは是非行かねばなるまい。

アオリイカ&ホウセキキントキ 早足で堤防を戻ると、テトラ脇にイカが入っていて、手早くエギを付けて投げてみたら追って来た、よっしゃいい子だホイホイホイっと・・・はい抱いた!
無事抜き上げて、今日もあっさりイカGET!

ま、朝の散歩で晩酌の肴がGETできたし、これでいいか。

夕方時間ができたので、もう一度イカを引っ掛けに、イカ竿だけ持って湯泊港へ。
しかしイカポイントでは先行者が既に釣っている、まあいいやで先端まで進み、イカサーチをしてみるが見当たらず、試しにエギを投げるも反応無し。
それにしても、ここ最近いつもキビナゴの群れが入っているのに、どうして回遊魚がいないんだろ、さっき道ですれ違った「はまゆ」のおっちゃんも、オボソとかは全く釣れてないよー、と言っていたし・・・うーむ。

試しに、1本だけ持って来ていたイカ竿でも投げられる小さいジグを投げてみるが、当然のように反応無し。
しょうがないので足元を探るってみるとまもなく何か掛かった、あまり引かないので一気に引き上げてみると、珍しいことにカサゴ、たぶんイヌカサゴか何かかな。
カサゴの類って、少なくとも南部じゃ滅多に見ないよな・・・まあいいや、さようなら。

結局イカも見当たらず、さっさと撤収!

前の釣行

結局イカだけ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング