ダメでございます



今朝は思いっ切り寝坊して、8時近くになってから湯泊港へ。
昨日の夕方のこともあるので、何か魚が入っていないかなー、と。

ついて先端まで行ってみるが、やたら東風が強い上に、何だか全く魚の気配が無い・・・もう嫌な予感しかしない。
そして30分ほどジグを投げまくってみたが、今度はダツのアタリさえ無し、釣ってた間に小魚の1匹も跳ねなかったよ!
イカも見当たらず、さっさと諦めて帰宅!



家の帰って朝飯を食べると、午前中はまあまあの天気だしと、栗生へ遊びに行くことになった。
道すがら見ていると、中間港の河口側には人が1人か、イカとメッキなら釣れるかな。
塚崎にヨメチビ共を降ろして、私は放浪釣りへ。

まず中間港へ戻ってみると、地元のちびっ子が爺ちゃんに釣れられて来てルアーを投げているのだが、たまに斜めに跳んできたりで少しばかり身の危険を感じ、10分程で撤収w
なおメッキは見当たらず、イカはいるにはいたが、極小しか見当たらなかった。

時間はあまりないし、前にヒラスズキがいると聞いていた中間川河口の北側の岩場へ行ってみようとしたが、どうやら県道沿いからは下りられず、浜から歩かなければいけないらしい、今日はパスだな。
結局栗生まで戻り、栗生港手前の小磯に下りる、ここは県道沿いに車が停められ、そこからちょっと下りるとすぐに磯なのだ、ここ程アクセスが容易な磯は屋久島中探しても少ないだろう、そしてここは時期にはいつもメッキが居着いているのだ。
下りて釣り座に立つとメッキらしい魚影が見えている、で早速弓角と投げてみるとすぐにヒット、しかし手の平サイズ・・・明らかにもう少し大きいのも追ってきているのになぜコイツが掛かる。
連続で4匹釣れたが全てリリースサイズ、そして4匹目に極小が掛かった時点でブチ切れ! フンガー!

よろしい、ならば泳がせだ!

メッキ(ギンガメアジ) ワンタッチ泳がせセット?を取り出し、ギンガメ君をセットして投入、さあ泳げ!
ギンガメ君は元気に泳いで行く、ここの海底は砂地なので根掛かりの心配は無いが、左手に根があるのでウキを付け、根の周りを泳がせる。
根の周りで時折大きな黒い魚影が見えるのだが追ってこない、ありゃあメジナの類か?

まあ気長に待つさ・・・と思ったらヨメさんから電話、そろそろ行こうかー、と・・・。

私「えー、今泳がせ始めたばっかなんだよー」ブーブー
ヨメ「じゃあその辺散歩してるから、ぼちぼち迎えに来てねー」

あと5分だけと決めて粘ってみるが、まあ世の中そう都合良くできてませんよねー。
ギンガメ君をリリースして撤収!

夕方、ちょっとだけ湯泊港へ詳解に出掛けてみたが爆風で釣りにならず、さっさと諦め!


そうそう、主だった釣り場がほとんど入ったかと思われますアル。
http://fishing-spot.yakushima.link/

前の釣行

しょっぱい・・・
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング