良型ギンガメアジ釣れました



ヨメと下のチビを連れて中間港へ。

ヨメチビが砂浜でおやつなど食べながらのんびりしている間に、すぐ近くの河口に面した低い堤防で、あまりやる気の無い釣りをしてみる。
先端にイカを釣っている人がいたので行ってみると、小さいもののアオリイカ(屋久島では水イカと呼ぶ)が足元に何匹か泳いでいた、こんな汽水域にもいるんだなあ。

ガイドに糸を通して用意していると、その人が「小さいけど、イカいる?」と、イカをぶら下げてやって来た。
おおラッキー、と思ったが、結構小さかったのでリリースと相なった。

堤防の付け根辺りから、ロケット天秤+弓角を、斜め左のテトラの近くへキャスト。
根掛かりしない程度にカウントダウンして、やや速めに巻くと、サラシっぽい所でゴン!

おお、早速掛かっちゃったよ、本当にすごいなこれ(弓角)。
上げてみると20センチちょっとのエバ(メッキ)、まあ小さいのでリリース。

再び同じ辺りを通すと、すぐにガツン! ゴゴゴン!
お、結構引くぞ?
ゴリゴリ寄せてみると結構いいサイズのエバだ、よっしゃ晩飯GETである、抜き上げて〆て血抜き。
こいつは確か、ギンガメアジ、ですな。
振り向くと、砂浜でヨメとチビがこっちを見て喜んでいるw

ギンガメアジ その後、小さいのと大きいのが交互に掛かり、結局32~3センチ程のを3匹キープ、晩飯は塩焼きと決まった。

なお、ルアーの出番は無かったとさ。

前の釣行

ヨスジフエダイ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング