ヨスジフエダイ釣れました



先日に続き、またまたヨメさんを釣れてトローキの滝を降り、のんびりしたついでに釣ってみた。

今日はヨメさんも泳がず、のんびりと岩の上で縫物をしたり遠くを眺めたりしている。
ウチは、チビも含めて家族全員が、人の来ない場所でボーっとするのが大好きという、社会生活にあまり向かないメンツで構成されている困った家族で、私の考える理想の隣人との距離は50kmである。(本当)

さて、今日はルアーにしてみよう、とジグを投げてみるが反応なし、挙句の果てに、根掛かりで久々にジグを1つロスト。
100円なのに釣れるジグだったので結構悔しい、すぐ近くの1mあるかないか位の場所だったので、次回泳ぐ時に回収しよう。

更に面倒なことにリーダーもロスト、PEに傷んでいるところがあったらしく、そこから切れていた。
えー、ここでリーダー結ぶのめっちゃ嫌なんだけどー・・・。

ぶーたれてみたものの、始めたばかりだし結ぶしかないか、とバッグをゴソゴソすると、ロケット天秤がこんにちは。
あーもう面倒だし、これにPE直結して弓角曳いとけ、と適当に用意、適当に沖に向かって投げると、1投目でヒット。

ふうむ、この弓角ってやつは全くもって侮れんな、と寄せてみると20センチくらいのエバ(メッキ)。
リリースして続けると、同サイズのエバがぽつぽつ釣れる、もう少し大きけりゃいいのだが、これじゃ食う身が少な過ぎるってので、全部リリース。
結局獲物は無しで、弁当を買って帰った。


ヨスジフエダイ 夕方、湯泊港に行ってみる。
ロケット天秤に弓角だけで通してみたが、1時間程の間に釣れたのはヨスジフエダイ1匹だけ。
リリースして、結局今日の獲物はゼロ。

前の釣行

弓角の有効性の検証を開始
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング