なんだか漲ってきた!



昨夜は仕事で寝るのが遅くなったので、朝は盛大に寝過ごした。
さすがに月曜日は仕事が多く、15時を過ぎてからやっと魚待へ様子見に。
昼過ぎに車が3台止まっていたので、何か釣れているのかなー、と。

で、着いてみると・・・ちょうど満潮ピークを過ぎたばかりで、思ったよりも波が高い、マジっすか。
それでもうねりがあるような荒れ方ではないので一応釣座に立ち、念のため一番高いポジションからジグをキャストし、表層から探ってみる。

3投目、カウントダウン10で探ってきて、半分ほどを巻いたところでゴン!
ウホッ、何かキマシタワー!
すかさずフッキングを入れるとずっしり重い、しかし走らない・・・ウミガメでも引っ掛けたか? ・・・と思ったら暴れ出したが、青物のようには走らないし、ダツでもなさそうだ・・・なんだ?

適当に竿を立てて、少しラインを巻いてみると、グンッと強く右へ走ったが、鋭さもパワーもスピードもあまりない、しかし結構重い、かなり浅めで掛かっているので根魚ではないだろう、青物でもダツでもないとすると・・・もしかしてヒラスズキとか?
そうこう考えているとやっと真剣に暴れ出したが、引きはやはり大したことはないので、無難に相手をして少しずつ寄せる・・・と、方向転換して左へ走り、ジャンプ&エラ洗い! 魚体がはっきり見えた!

マジか、本当にヒラスズキだよ!

ざっと70センチ位のヒラスズキなのだが、やばい、掛かったルアーはアシストフックが1本だけのジグである、食うのが末期的にヘタクソな魚なので、まともに掛かっている光景が想像できないw
しかもエラ洗いを防ぐにも足場が高い上、波も高いときている、無事にランディングできる気がしないw
慎重に相手をしつつ、たぶん30秒ほど相手をしたが、次のエラ洗いで案の定のフックアウトorz
エラ洗いで外されたというよりも、ジグが勢い良くスポーンと抜けてきたので、やはりマトモに針掛かりしていなくて身切れて外れたんだろう。
ぶーたれてキャストを続けていると、結構大きな波が来て足元を洗った、自分は濡れなかったが、タックルの入ったバッグがずぶ濡れorz
今以上の波が来たらやばいなーと思い、尻尾巻いて撤収・・・6投しかしとらんがな・・・。


なんだかフラストレーションが溜まっただけだったので、家に戻ってすぐに湯泊港へ。
着いて車を降りると・・・ああ落ち着く、波の心配も足場を気にする必要もないって素敵!
これで釣れれば文句ないんですがねー、と、まずはテトラ脇から順にイカチェック・・・しかし全く見当たらず!

先端部まで行ってみると足元にイカがいたので、エギを投下しホイホイ、しかし珍しく完全にスルーされる。
諦めてエギを引き上げようとすると、はっきりは見えなかったが何か大きな魚が寄って来て、すぐに離れていった・・・ん?
んー、動きは青物っぽかったけど、あまりギラギラはしていなかったな、オボソ(スマ)ではなさそうだ、なんだろ?

とにかくイカは諦めてジグを付けて投げていると、巻き終わり、足元まで来たジグに、わっと10匹近い魚の群れが寄って来た・・・って、え”。
食わずに行ってしまったが、はっきり顔が見えた・・ヒラマサかとも思ったが、体高からすると恐らくカンパチである!

マジか、ついにヤツらが来やがったのか!
こりゃあイカなんて釣ってる場合じゃないぜ!

気合を入れてジグをキャストしていると、数投後にガツン!
ウホッ、キマシタワー! ・・・ダツが。orz
ここ最近のダツにしては大きかったので、思わず身構えちまったじゃねーか!
ダツを放り、時間切れで撤収!

うむ、なんだか本番開始な悪寒がする・・・よーし、パパなんか漲ってきたぞ!

前の釣行

鬱憤晴らし
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング