風で話にならず



なんだか大荒れである。
低気圧のせいというよりも高気圧が強過ぎるパターンでの荒れ模様だ、もう1週間以上こんな天気が続いているぞ・・・そろそろ勘弁して欲しいものだ。

ヒマだったので一応湯泊港へ様子を見に行ってはみたものの、強い東方面からの風が南北にブレながら断続的に吹いていて、しかも時折突風になる。

とても釣りにならんなー、と思いつつテトラ脇まで行ってみると、こんな時に限って、イカの群れがこっちを見ているw
水面が風でさざ波立っていても判るほど浅めに、しかも結構な大きさのイカがざっと10匹近く、エギを待っているじゃなイカ!

仕方ないので(?)ロッドを取りに車へ戻り、風を計算に入れつつエギを投げてみると、数匹が一目散にエギに向かって来た、ヒャッハー、こいつは大漁か!?
・・・と思ってエギをホイホイしてみると、ラインが横風を受けてエギが浮き上がり、水面を滑って横にスライドしていく・・・そのダイナミックなドリフトっぷりに、私もイカもビックリであるw

何度か浮き上がる前に掛からないかと投げてみるが、さすがにそんなうまい話は転がっておらず、まもなくイカも見えなくなってしまった。
風は強くなる一方だし、5分ちょっとで諦め、さっさと撤収!

前の釣行

またまたイカだけ
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング