しょっぱい釣りが続く



しょっぱい釣りが続く朝起きたものの、やる気もなく飯を食べてウダウダしていると、天気がいいし大川の滝へ連れて行けとヨメチビ共が言い出した。

えー、あそこはそれこそ長い竿がないとキツいんですが・・・まあ自分の釣りばかり考えているわけにもいかないし、用意をして出発・・・って、ガソリン無いんだった、入れていこう・・・と思って平内のENEOSに立ち寄ろうとすると、なんと休みである!
やばい、マジで結構スッカラ管直人なわけだが・・・この前安房で入れようと思ったら、スタンドが混んでいて待たなきゃならなかったので、週末に買い物に来るし次でいいや、とスルーしたのだ。
まあまだ警告灯も点いてないし、今日くらいは大丈夫かー、で出発。

さて大川(の滝)河口・・・おお、台風の爪痕がはっきりである、いつも荷物を置く松の木の根っこに、石が打ち付けられてできたであろう傷が多数あり、松脂が滲み出している。
地形は、河口の向こう側が少し浅くなり、その分河口の砂が少なくなった程度で、そんなに大きくは変わっていない・・・かな。

まあしかし・・・釣れるのかこんな6ftのロッドでw
試しにちっこいミノーをフルキャストしてみるが、狙いたいポイントまでの距離の半分くらいしか飛ばんのですがw
この場所は遠浅のゴロタ底なので、基本的には浮く系のミノーか弓角Fで攻めるのだが、このロッドに合うミノーなんて数えるほどしか持っていない上、そもそも軽いので全く飛ばない、弓角用のネズミは重くて無理なので持って来ていない。

んー、まあ無理だな、準備が無さすぎるわw

しょうがないので、なるべく飛距離を稼げるように小さいジグを付け、なるべく水深の有りそうな場所を狙ってキャスト、根掛かりしないように着水と同時に曳き始めるようにして探ると・・・ゴン!
おー何か掛かりよった・・・って、メッキに決まってるが。
軽いが元気な引きを適当に寄せると、案の定な手の平サイズのメッキ君、「グッグッグッ」と鳴き、不満タラタラw
フックを外してやり、はいさようなら。
まもなくもう1匹釣れたが、いかにもなポイントが射程距離的に届かないので、テンションだだ下がりである。

ブツブツ言いながらヨメチビのところへ戻ると、今度は塚崎に貝拾いに行きたいと言い出したので、車へ戻ってそちらへ移動。
で、栗生川河口で釣りを再開する・・・が、釣れねーよこんな場所w

なにしろここ河口の北側は、今は満潮で古い堤防が半分水没しているが、干潮時にはほとんど干上がるような場所なのだ、そんな場所に投げているわけで、釣れるわけがないだろバカめw
先の方の岩場に行けば話は違ってくるが、ここへ来る予定はなかったのでサンダルで来てるし、無理。

まあ、それでもメッキは釣れるんだよなここ・・・って、ほら釣れたw
手の平サイズ、水溜りで記念撮影してさようなら。
ちなみに河口の南側、港の堤防側は、GT等も出る場所らしいが、行ったこと無いなそういえば。
しばらく投げてみたが、案の定で手の平サイズのメッキが2匹釣れただけ、寝てた方がマシである。

まもなく昼になり、腹が減ったので撤収!

夕方は全くやる気が出ず、天気はいいが出撃なし!


早くロッド届けー!

前の釣行

締まらない釣りが続く
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング