締まらない釣りが続く



フエダイ朝、ちょろっとだけ湯泊港へ。
小物竿しか無いので、小さなジグを2本とエギを1本だけ持ち、プラプラとやる気なく先端部へ。

さあ、うっかりオボソ(スマ)あたりでも入ってないか、と探る・・・もしこのタックルでオボソが掛かったら、40センチ位でもさぞ厄介なことになるんだろうなー、と、少しビビりながらのキャストである。
しかしそんな心配の甲斐もなく、一度巻き終わりでダツが当たってきた以外に反応無し。
というか、飛距離が出なさ過ぎる、これじゃ群れが入ってたとしても届きませんわw

帰り道、足元にぼっちイカが見えたのでホイホイするとあっさり抱いた、よっしゃ今日もイカGET!
・・・と思ったら、また小さい上にメス、いわゆる幼女というやつである。(違)
独り遊びは感心せんな、大きなオスをたくさん連れてきなさい、といい含めてリリースし、撤収。



夕方、大き目のメッキを求めて中間港へ、日没後にどんな魚が出て来るのか、キビナゴも数本持って行く。
メッキは相変わらず簡単に釣れるが小さい、手の平サイズばかり5~6匹釣れた時点で諦め。
30センチ以上の皆さんはどこにいるんでしょうかねー。

ウキでキビナゴを垂らすと、まもなくフエダイのお子様が釣れた、小さいがシロテンである、まあ30センチ超えたらまた釣れてくれたまえ、さようなら。
暗くなってからまもなく、ヘイケ(ホウセキキントキ)が現れたが、あっという間に目の前を泳ぎ去って行き、1匹も釣れず。
まあこの場所での魚の動きが判らないのでしょうがないか・・・とにかくウキ下が短過ぎたのと、もっと連中がしばらく溜まる場所を見付けないと、湯泊のように簡単には釣れないなこりゃ。
そんなこんなで、手ブラで撤収・・・って、手ブラってなんだよスケベIMEめw グッジョブww

前の釣行

お子様ばっか
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング