イカが跳んだ



朝、盛大に寝過ごし、朝飯を食べてチビ共を学校へ送り、ヨメさんを陶芸に送り、一仕事やっつけてから中間港へメッキ釣りへ。

着いてみると・・・あれ、潮位が低いな、満潮目指して来たのに・・・って、スマホで潮見表を見ると干潮じゃないディスカー!
寝起きにチェックしたせいか、満潮と干潮を見間違えたらしいorz

水も濁ってるし、ここ満潮じゃないと釣れないんだよなーと思いつつ、とりあえず弓角を投げてみるものの反応無し・・・ですよねー。
まあしょうがない、素直に帰ろう・・・と思ったらぼっちイカ発見、スチャッとエギに付け替え、ホイホイ・・・おお、寄って来た。

こういう見えイカを釣る時、私はエギを着底させたりはせず、主に水面近くのアクションで誘って釣るのだが、ちょっとした拍子にエギが少し水面へ飛び出すことがある。
イカ釣りのセオリーなんて全く知らないが、水面でパチャパチャするとよく寄って来るし、普通に誘いとして有効だと思う、そりゃあ生きた小魚は跳ねるしさ。

そして案の定、アクション中にちょっと力が入り過ぎて、エギが水面から飛び出した。
・・・そして次の瞬間、イカも水面から飛び出したw

おおお、イカがエギを空中でキャッチしよったww
初めて見たぞイカのジャンプ捕食!w
そんなに高く飛んだわけではないが、明らかに10センチ近くは飛んだな!
そしてしっかり乗りよった、ヒャッハー!

そんなわけで、特に意味もなくアクロバティックにイカGET!

他にイカも見当たらないし、帰路につくが、思い付きで湯泊港へ寄ってみる、もちろんもう数匹イカを釣ってやろうという魂胆である。
しかし湯泊港、大荒れである、彼方の台風のうねりでドンドコドーン、ってな感じだ、これは先端部はヤバいな。

まあ今はイカだ、いつもの船溜まりにイカがいるはずだ、2~3匹つまもう・・・って、あれ?
全くいないぞ、どこ行きやがった? 底に張り付いてるのか?

・・・と思ったら、デカい魚影が足元を横切った・・・あー・・・。
優に1メートルを超えるGT(ロウニンアジ)さんがウロウロしておる、そりゃあイカも逃げるわ、ダメだこりゃ。
そういえばこの前、Y君の父ちゃんが港内をGTが2匹泳いでたって言ってたな。

昼はヨメさんが友達とランチに行くと言っていたので、中木原商店で大盛りイカ焼きそばを買い、正午前に帰宅!


夕方、ちょっとだけ様子見に湯泊港へ・・・もう港に住んだらいいんじゃないのか俺。

昼にも増して波がヤバい上にイカも見当たらない、メッキでも掛からんかなー、と港内でネズミを投げてみるが反応皆無。
帰ろうと竿仕舞いを始めたところに、N父が生後半年の赤子を連れ、抱っこ紐を装着して車検の代車で登場、なんでも抱きながら釣るつもりだったらしい・・・おいおいw
しかしここまでの僅か数分の内に赤ん坊が寝てしまった上、波は強いわイカはいないわで釣りは諦め、しばらく立ち話をしてから帰宅。

前の釣行

食ったら減った!?
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング