食ったら減った!?



一日中雨が降ったり止んだりだったが、夕方少し晴れ間っぽかったので、夕食後にオカズ確保のため湯泊港へ。
どうも肉類だけでは満足できない我が家である、厄介な。

というかAコープ、もう少しマシな魚介類置いてくれ・・・ノルウェー産の小アジとかインド産のアオリイカとか、ぶっちゃけ置いてある意味が感じられん・・・。
なんていうかさ、新鮮な地元産のハタとかの根魚やら各種アジ類、カツオの類とか、置いてあれば売れると思うんだがなー。
まあ屋久島産は高級品扱いで本土に行ってしまい、地元にはあまり残らないらしいが、何とも因果な話である。

さて釣りである。
キビナゴを10本ほど持って行き、ウキ釣りの仕掛けを用意してヘイケ(ホウセキキントキ)の居場所を確認し、投入。
すぐにウキが沈む、よっしゃ1匹目、とアワセを入れる・・・が、あれ、すっぽ抜けたぞ、餌だけ取られている。

その後もウキは沈むがすっぽ抜け連発、餌だけ取られ続ける・・・うーん、もしかして魚が小さいのか?
試しにキビナゴをナイフで半分にブツ切りにして投入すると、今度はきっちり掛かった、やはり20センチ位の小さめである、キビナゴ1匹丸ごとは一飲にできないので突いていたらしい。
ということはこのサイズばかりなのか? 基本的にコイツらは大きい方から食ってくるし。

悪い予感は当たり、その後も同じようなサイズが釣れ続き、結局そのままエサ切れ。
途中からマシなサイズのものを3匹キープしたが、30センチ前後のいいサイズのものはお留守だったようだ・・・って、まさかウチで食い尽くしちゃったとか!?

ううむ、我ながらコンスタントに釣っていたからな・・・ちょっと資源保全のために、この辺でヘイケを釣るのはしばらく自粛すべきかもしれん。
別な場所を開拓するか、しばらくメッキ釣りでもしておこうか、ちょっと行きやすくて確度の高い場所を考えてみよう。

前の釣行

釣れませんです
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング