フエダイ釣れましたん



クロホシフエダイ今日は思わず島を一周してしまって疲れたが、途中で1度くらい竿を出せるだろうとの思惑が虚しくうっふんだったので、夕方、まあ干潮だし多少の波なら大丈夫だろ、ってなわけで湯泊港へ。

まず先端で少しジグを投げてみたが、ダツがチェイスして来ただけ。ちぇ。
仕方ないので、5本だけ持って来たキビナゴに火を噴かせることにしてオモリと針をセットしていると、なんと中学生くらいの男の子がやって来た。
振り向くと、釣り場で度々会うB氏もやって来た、おお息子さんか、なんか似てるわけだ。

キビナゴを投入すると・・・1本目はまもなく骨格標本になった、チョウチョウウオうぜぇ!
2本目を根掛かり覚悟で堤防継ぎ目下のテトラの隙間へ投下・・・するとガツン!

ウホッ、いいアタリ!
結構引くがそんなに重いわけでもないので、強引にゴリゴリ浮かせると、お、フエダイ君じゃん、40センチに少し足りないくらいか。
そのまま抜き上げて無事ランディング、まあこれで食材ノルマは達成だろ。
フエダイは早めにちゃんと処理しないと臭みが出るので、水を汲んで速攻首折り&まず血抜き。

その間に2匹目を狙う、すぐにアカマツカサが釣れる&さようなら、これでキビナゴ3本目を消費。
4本目はたぶんカワハギに食われて消えた、5本目は何か食ったのでフッキングを入れるも空振りで飛んでったw

以上、終了!
実質の釣り時間は15分くらいかw
その場でフエダイの内臓をフニフニし、鱗も落として撤収。

前の釣行

食材確保でホウセキキントキ釣りましたさ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング