台風接近も天気晴朗&波は無し



今日は朝の釣りはお休み、なんかお疲れ気味だし、そもそも台風来てるし。
しかし朝起きてみると、全く風はないわ波もないわで拍子抜け。

カフェオレを飲みながらネットで天気図を見ると、台風は種子島のはるか向こう側にあり、ほぼ停滞中のようだ。
そして巨大防波堤・種子島が南岸への波をブロックし、反時計回りに台風へと吹き込む風は、教科書通りだと屋久島を北から襲うのだが、それは屋久島中央部の山岳地帯に遮られるようで、結果として南岸は波も風もほとんどない、という状況らしい。
なんだ朝は全然平気だったなー、と仕事をやっつける。



夕方、のんびり湯泊港へ。

着くと干潮である、そしてほぼベタ凪・・・いや少しだけうねりがあるな、ただ台風のそれなのかどうか判断がつかない程度の弱いうねりで、たまに岩場に波が砕けてはいるが、ぶっちゃけ台風の影響は感じられない。
そもそも湯泊港の場合、北東~東方面からの波は、種子島の他にも、尾之間のJRホテルのある谷崎鼻、山ノ瀬、屋久島最南端である浦崎、おおぞら高校下のケモリ崎、そして海中温泉隣の湯の魚待といった数々の岬に遮られるわけで、まともに届かないのだ。
そんなわけでまるでベタ凪状態、そして風もほとんど無し・・・暑いぞチクショー!

ブツブツ言いながらポールに固定してあった落としダモを解き、泳がせの生き餌用に金目ちゃんを釣るべくゲソを垂らす・・・と、すぐにゴン!
結構引くなー・・・あれ。まだ17時だってのにヘイケ(ホウセキキントキ)釣れちゃったよw
30センチくらい、ごっつぁんです。
水を汲んでヘイケをウフフし、もう一度ゲソを垂らすと今度は金目ちゃん、ってことで今日も懲りずに泳がせ開始。
ジグをセットして、ルアーの方もキャスト開始、まもなくキビナゴの群れが回って来て期待したが、ダツが跳ねているだけ、反応もダツのみ。

結局何事も無く時間が過ぎ、金目ちゃんを放し、ヘイケを持って撤収。つまんねー!

前の釣行

エイが来て焦る
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング